サポーターの“威嚇”が効いた?浦和が虎の子の1点を守り抜き、鹿島を撃破!

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年07月12日

先制のシーンは後半開始早々に訪れる

レオナルド(右)は先発出場。無得点も、攻撃を牽引した。写真:田中研治

画像を見る

[J1リーグ4節]浦和1-0鹿島/7月12日/埼玉]

 浦和レッズは7月12日、J1第4節で鹿島アントラーズと対戦。本拠地の埼玉スタジアムに鹿島を迎えた浦和は1-0で勝利を飾った。

 この試合では5000人という制限付きではあるものの、4カ月以上ぶりにスタジアムにサポーターが来場。3,094人のサポーターがスタンドから戦況を見守った。

 そんな試合で浦和は、立ち上がりから慎重に入ったアウェーチームに対し、丁寧にボールをつなぎながら隙をうかがっていく。

 一進一退の展開が続くなか、12分に左サイドハーフの汰木康也のドリブルからチャンスを得ると、こぼれ球を拾ったボランチのエヴェルトンがミドルシュートを放つも、これは枠外に。

 さらに27分には左SB山中亮輔のクロス、38分には右SB橋岡大樹の鋭いクロスで決定機を創出。ただし、いずれもフィニッシュには至らなかった。
 
 先制のシーンは後半開始早々に訪れる。52分、山中のFKからCB岩波拓也が折り返すと、最後はエヴェルトンがヒールキックでゴールに流し込むのだ。

 一方で守備面では、前半からほとんど相手にゴールに迫られるシーンはなかったものの、70分過ぎから鹿島の反撃にあう。74分にはCKから、76分には広瀬陸斗からのクロスから、上田綺世のヘディングで決定機を作られた。

 それでもGK西川周作を中心に最後まで虎の子の1点を死守した浦和が、見事に逃げ切りに成功。リーグ戦連勝を飾った。

 かたや鹿島はこれで開幕からリーグ4連敗。さらにここまでわずか1得点と苦しい状況が続いている。

 この日、応援歌や手拍子などが禁止されていたが、浦和サポーターは鹿島がボールを持つと椅子を叩いて激しい音をとどろかせていた。もしかすると、鹿島の攻撃が実らなかったのは、この“威嚇”が効いたのかもしれない。

 ただし禁止事項である指笛を鳴らすサポーターがいたのも事実。そこは気を付けたいところだ。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【セルジオ越後】Jリーグの“新様式”に選手はイライラ? 再開マッチで印象に残ったのは五輪世代の…
【浦和レッズの最新序列】槙野がキャリアにおける正念場か。前線は興梠&レオナルドを最優先に構成
浦和、3年目の柴戸海が主軸へ駆け上がる。市船、明治を通じて培った“慌てず騒がず”の哲学
興梠慎三が選ぶJ歴代最強チーム「数字が強さを物語る。ミシャのサッカーがハマって負ける気がしなかった」
「嬉しいですけど」興梠慎三が、自身の”浦和通算100ゴール”よりも喜んだのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ