【鹿島】「やっていることは間違っていない」厳しい現実に屈せずザーゴ監督は信念を貫く

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2020年07月10日

「一番攻撃の回数が多いし、シュート数も一番多い」

苦境を乗り越えるためにも、ザーゴ監督は己の信念を貫く。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 7月10日のオンライン取材に応じたザーゴ監督は、確信に満ちた表情で語る。

「とあるデータを見れば、Jの中で一番攻撃の回数が多いし、シュート数も一番多い」

 ただし、前節の札幌戦も0-2の完封負けと、目に見える結果をなかなか出せていないのが現状だ。決定力不足はひとつの課題ではあるが、指揮官が言うとおり、攻撃面では確かに良い形が増えてきてはいる。札幌戦の後半が始まって最初のプレーも、そのうちのひとつだろう。

 最終ラインでボールを動かしながら、相手が食いついてきたところを見計らって、左SBの永戸勝也がダイレクトで縦パスを入れる。フリーでこれを受けたエヴェラウドがすかさず右に展開して、今度は右SBの広瀬陸斗がクロスを供給し、ゴールチャンスを演出する。

 自分たちが動きながら、相手を動かして空いたスペースにボールを運ぶスムーズな崩しだった。能動的にアクションを起こして、ゴールを目指す今季のスタイルが垣間見えた。だが指揮官は「それだけではなくて、他にも何パターンも練習はしているし、対戦相手によっては、サイドのスペースが多くあったり、なかったりで、そこでまた違うパターンも選択肢として与えている」と強調する。

「みんなが連動して、『これを今やるんだ』というのがボールの動かし方でも見られていて、そこに彼らの理解度と実行力が表われていると思う。攻撃だけでなく守備の部分でも、連係・連動は非常に高まっていて良くなっている。数字はあまり好きではないけど、チャンスの構築率や、その他の項目でも1位になっているものがある。やっていることは間違っていないのは、数字でも証明されている」

 それでも、現実は公式戦5連敗。今季はまだ一度も勝てていない。指揮官も「勝利に結びつけられていないことは残念だ」と肩を落とす一方で、「今やっていることを、やり続けていれば、自ずと結果はついてくると信じている」と気丈に前を向く。

 12日のアウェー浦和戦でも、“自分たちのサッカー”を貫く構えだ。揺るぎない信念で、負のスパイラルから抜け出せるか。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!鹿島アントラーズの「歴代集合写真」を一挙紹介!

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ