【鹿島】まさかの公式戦5連敗。懸念は選手のメンタル。指揮官ザーゴの考えは?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2020年07月09日

「タフネスは備えていなければならない」

現状を打破するためには、選手たちが意識を強く持つことを願い、自身は地道な作業を続けていく構えだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第3節]鹿島0-2札幌/7月8日/カシマ

 1月28日のメルボルン・ビクトリーとのACLプレーオフ(●0-1)に始まり、2月16日の名古屋とのルヴァンカップ初戦(●0-1)、同23日の広島とのJ1開幕戦(●0-3)、川崎との再開初戦(●1-2)、続く札幌戦(●0-2)と“公式戦5連敗”。今季の鹿島はここまで、ひとつの勝利、ひとつの勝点も掴めず、泥沼にはまりつつある。

 ザーゴ新監督の下、ポジショナルプレーを基盤とした主導権を握るスタイルの確立を目指すが、いまだ思うような成果を上げられずにいる。狙いとするシーンは増えてきているが、それを結果に結び付けられずにいる。直近の札幌戦では相手の2倍以上のシュートを放ったが、決定力を欠き、自分たちのミスで失点し、手痛い完封負けを喫した。

 少しずつ上積みが見られる内容に、選手たちも手応えを感じているに違いない。とはいえ、目に見える結果を手にできていない現状では、いくら今季は「降格なし」の特例ルールが適用されているとしても、さすがにメンタル面でダメージがあるのではないだろうか。

 不振の真っただ中でモチベーションを保つためには、何が重要になってくるのか。札幌戦の試合後、ザーゴ監督は次のように考えを述べた。

「アントラーズでプレーする以上、メンタルのタフネスは備えていなければならない。このクラブは日本で一番のビッグクラブであり、タイトル数も勝利数も一番多い。勝たなければいけないという義務があり、自分がどこにいるのかを理解して、振る舞ってほしい。勝てないことで、不安を覚えたり、クレームが聞こえてくるかもしれない。それに打ち克つ唯一の方法は、やはり選手自身の中にあると思う」
 
 選手個々の意識の持ちようを強調する同時に、チーム作りの難しさにも言及する。

「今日(札幌戦)は残念ながら、2回のミスで失点したが、明らかなゴールチャンスは4、5回あったと思う。それを決め切れなかった部分は反省しなければならない。自分たちが目指しているのは、連敗ではなく連勝だ。そういう意識改革を様々な方法でアプローチしているが、1、2か月で改善できるものでもない。いろんな形で、地道な作業に取り組んでいかなければならない」

 選手も、監督も、ここが踏ん張り時かもしれない。志を曲げず、強い意志で突き進めるか。雌伏の時を経て、反転攻勢をかけたい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!鹿島アントラーズの「歴代集合写真」を一挙紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ