「今季のベスト」「ウチのサムライ!」遠藤航がシュツットガルトの1部昇格を報告! 武藤嘉紀、鎌田大地らも祝福

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月29日

現地サポーターからも賛辞が送られた

遠藤は21試合に出場。1ゴール・1アシストという記録を残した。(C)Getty Images

画像を見る

 ブンデスリーガ2部の最終節が現地時間6月28日に行なわれ、遠藤航が所属するシュツットガルトはダルムシュタット戦に敗れたものの、リーグ2位でシーズンを終え、来季1部昇格を決めた。

 遠藤は試合後に自身のインスタグラムを更新し、喜びを爆発させている。

 日本語で「ブンデス1部昇格しました!!今から来シーズン1部でプレーするのが楽しみです」(原文ママ)とコメントし、英語では「ブンデスリーガに復帰!シュツットガルトサポーターの皆さん、おめでとうございます。今シーズンも応援ありがとうございました。皆さんのおかげでこの結果を出すことができました。長いシーズンだったけど、やり遂げました!ブンデスリーガが待ち遠しいです。またお会いしましょう」と綴っている。

 この一報に、昨季はシント=トロイデン(STVV)で遠藤と共闘し、今季フランクフルトで奮闘した鎌田大地や、2部ハノーファー所属の原口元気、かつて1部マインツでプレーした武藤嘉紀(ニューカッスル)が祝福を送っている。また、STVV時代の同僚であり、現在は浦和レッズ所属の関根貴大からもお祝いのコメントが寄せられた。

 さらに、現地サポーターからは、「今季ベストなプレーヤーのひとりだった」「ウチのサムライ!」「すばらしい戦いぶりだった!」などの称賛が集まった。

 なお、遠藤はこの試合後に引退を発表した元ドイツ代表マリオ・ゴメスを胴上げする写真もあわせて投稿。この日、チーム唯一の得点を決めた34歳への敬意を表している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
プロフットボーラーにおける「天才の定義」。カズ、中田は天才なのか?
黄金世代・播戸竜二氏が最も衝撃を受けた選手は?「ヤットより、さらにミリ単位で繊細なパスをくれた」
「多くの試合で見逃されてきた」2G1Aの大迫勇也を、ブレーメンSDが称賛!「特別な働き」
長谷部誠と鎌田大地をフランクフルト指揮官がベタ褒め!「一番好みの選手」「最もポジティブな存在だ」
ハノーファー好調のキーマン! 原口元気の“献身”はチームの底力になっている【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ