「多くの試合で見逃されてきた」2G1Aの大迫勇也を、ブレーメンSDが称賛!「特別な働き」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月28日

「質の高いプレーだった」

最終節で2ゴール・1アシストの活躍を見せた大迫。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間6月27日に行なわれたブンデスリーガ最終節で、大迫勇也が所属する17位ブレーメンはケルンに6-1で快勝し、土壇場で16位に浮上。2部3位との昇降格プレーオフ戦に回ることが決まり、1部残留へ望みを残した。

 試合を終えたブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は「残酷なプレッシャーは依然として残っている。1ミリたりとも気を緩めるわけにはいかない」とコメント。入れ替え戦への意気込みを語った。

「本当に選手たちがよくやってくれた。今日勝たなければ、終わりだということ分かっていた。まだすべてを変える2試合が残っている。降格への懸念は何も変わっていないが、ひとまず少し安堵している」

 さらに、フランク・バウマンSDはこの試合で2ゴール・1アシストの活躍で勝利の原動力となった大迫を称賛している。

「我々は非常に良いゲームをした。少なくとも最終的に自動降格圏を抜けられたことを、とてもうれしく思う。今日は本当にすべてのことがうまくいった。特に、勝利に嵐のような尽力をしたユウヤ・オオサコや、ニクラス・フュルクルク、ミロト・ラシチャの働きは特別だ。これまで多くの試合で見逃されてきた質の高いプレーだった。もちろんこの3人だけではなく、チーム全体が最高のパフォーマンスを見せてくれた」

 運命の昇降格プレーオフは、7月2日と6日に行なわれる。大迫は再びチームを救う活躍ができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「小さな奇跡だ」「本当に待望のゴールだった」ブレーメンを自動降格から救った大迫勇也に独紙が賛辞
「彼を要らないって言ったヤツはどこだ?」「希望の男!」2G1Aの大迫勇也にブレーメンサポが狂喜乱舞
「久保建英が再び牽引役に」「他の選手のレベルが低すぎる」“泥沼”マジョルカの問題点を地元紙が指摘!
“精密機械”クロースが久保建英に苛立ち!らしくなかった“無謀タックル”
“禁断の三角関係”の末にセスクと再婚した超セクシーなダニエラ・セマーンとは――【“WAGs”pedia】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ