「ラモスに罰を与えた」「勇敢だ」イ・ガンインの“3度蹴り”レッドにまさかの称賛? 韓国国内の声をアジア・メディアが紹介!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月19日

狡猾で名の知れたCBを相手に…

S・ラモス(右から2人目)にキックを見舞い、レッドカードを受けるイ・ガンイン(16番)。(C) Getty Images

画像を見る

 バレンシアでプレーする韓国代表MFイ・ガンインの“愚行”が波紋を広げている。

 現地時間6月18日に開催されたラ・リーガ第29節、レアル・マドリーとのアウェーゲームで76分から途中出場した19歳は、敵DFセルヒオ・ラモスからボールを奪おうとして苛立ち、3度に渡ってキック。レッドカードを提示され、わずか13分でピッチを去ったのだ。

 0-3で完敗したゲームの後味をさらに悪くしたこの行為には、ウェブメディア『BESOCCER』が「完全に理性を失っていた。醜い振る舞いだった」と酷評するなど、批判の声が集まっている。昨年10月のアトレティコ・マドリー戦でも、後方からの危険なタックルで退場処分となっていただけに、「またやった」感が強いのは否めない。
 
 だが、なかには違った見方をする人々もいるようだ。

 ベトナムのオンライン新聞『VnExpress』が伝えたところによると、韓国国内をはじめとするSNS上では、S・ラモスのような狡猾で名の知れたCBを相手に“大胆な行為”をしたイ・ガンインを称える声があるという。

 記事によれば、「ヒーローだ」「時にはラモスのような人間に罰を与えなければならない」「ラモスにあんなことをするなんて勇敢だ」といったコメントが飛び交っているようだ。マドリーの偉大なキャプテンに立ち向かっていったティーンエージャーの気概が頼もしいということか。

 もちろん、これはごく一部の意見だろう。多くのファンは、その気迫をクリーンな形で表現してほしいと思っているはずだ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】またも愚行!イ・ガンイン、衝撃の3回キックはこちら
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ