なでしこを再び世界一に――「WEリーグ」発足でプロ化した日本の女子サッカーはどう変わる?

カテゴリ:高校・ユース・その他

西森彰

2020年06月09日

欧州ビッグクラブが女子チームの強化に乗り出し、欧州各国が世界を席巻

なでしこリーグを牽引してきたINAC神戸(左/鮫島彩)とベレーザ(右/清水梨紗)。WEリーグでもこの2強がリーグを牽引するか?写真:川本学

画像を見る

 6月3日、日本サッカー協会(以下JFA)は、女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」の来秋開幕を発表した。一連の新型コロナウイルスに関わる社会情勢もあって、約2か月延期し、拡大予防措置としてオンラインでの発表となった。

 日本最初の全国女子サッカーリーグ(L・リーグ)は、企業チーム主体のアマチュアリーグとしてスタートした。その後の不況下で企業チームが次々に消滅。その後はリーグ存続と選手の受け皿を確保しながら、ピラミッドで言う、底辺部分の拡大に努めてきた。現在では、2部制のなでしこリーグに、東西に分かれたチャレンジリーグまでを含めると32チームによる、実質的な3部制のリーグとして活動している。

 そして、ピラミッドの頂点をより高みに引き上げるため、さらに上のカテゴリーが創設される。それが、来秋に開幕するWEリーグ。日本女子サッカー界で、初めてのプロリーグだ。これは、なでしこジャパンが優勝した2011年の女子ワールドカップ・ドイツ大会以降、激しさを増した女子サッカーの潮流に、取り残されないための挑戦でもある。

 男子で成功したメソッドと潤沢な資金、環境を使って、ビッグクラブが女子チームの強化を進めると、欧州勢はあっという間に世界を席巻した。昨年の女子ワールドカップ・フランス大会でも、優勝はアメリカに譲ったものの、ベスト8に残った他の7チームは全て欧州のチーム。日本も、2015年のカナダ大会では勝利したオランダに、雪辱を許した。

 なでしこリーグも、日本の女子サッカーの発展と、代表強化に貢献してきた。高倉麻子監督の率いる現代表も、主将の熊谷紗希、先月、アメリカ移籍が決まった籾木結花ら一部を除き、選手のほとんどを国内組が占めている。問題は、欧州勢をはじめ、他国の強化体制がさらに上を行っていることで、とりわけ劣勢を強いられているのは、選手を活かす環境作りだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ