【大宮】「いろんなことが“普通”ではない」と高木琢也監督。初日からハードワークで全体練習を再開

カテゴリ:Jリーグ

佐藤香菜(サッカーダイジェスト)

2020年06月04日

2部練習を実施

「今シーズンはいろんな意味で普通ではない。覚悟してやっていく」と高木監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J2大宮は、6月4日より全体トレーニングを再開させた。

 緊急事態宣言の解除を受け、5月28日より少人数でのグループトレーニングを行なっていたが、4月5日にトップチームの活動を休止してから61日ぶりの本格始動となった。

 この日のトレーニングは午前と午後の2部練習で、再開初日ながらみっちりと行なわれた。午前は対人を強化するメニューが中心で、午後は攻撃シーンでチーム全体の意識を統一させるためのメニューを数グループに分かれてローテーションで行なったという。
 
 トレーニング後、Zoomでのリモート取材に対応した高木琢也監督は、「全体練習ができなかったなかでこういう日を迎えられたことは、クラブ関係者や選手たちの努力も含めてのことだと思いますので、その点では非常に感謝しています」と述べ、「大宮アルディージャを含めて首都圏のチームは地方チームよりもスタートが若干遅れたとは思いますけど、今日やってみて、手応えや選手の動き、身体に関しては非常に良かった。いい感触はあったと感じます」と感想を口にした。

 約3週間後の6月27日に迫るJ2の再開については、「再開となっていますけど、ほぼスタート」と捉え、連戦など、誰も経験したことがない「いろんな意味で“普通”ではない」シーズンを、覚悟して乗り越えようと選手たちに声をかけたという。

 もっとも「少ない、多いとか考えていたらできない。選手たちへのアプローチも今までとは違う形で試行錯誤していかなければならない。ただ今までにはないことを“できる”んじゃないか」との考えも示した。

 そして、「(コロナ禍の)今の状況の中で難しさを感じていますが、再開した時にはチームとして何か根付かせていきながら、目標であるJ1昇格を成し遂げていきたい」と力を込めた。

取材・文●佐藤香菜(サッカーダイジェスト編集部)

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら27名が厳選した「 J歴代ベスト11」を一挙公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ