【日本代表】アギーレ監督 電撃解任の舞台裏

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年02月04日

在任約6か月での解任は、Jリーグが発足した93年以降で最短。

昨年8月の就任会見からわずか6か月での解任――。ワールドカップ惨敗からの再起を図った日本サッカー界だが、前代未聞の事態に陥った。 (C)Getty Images

画像を見る

 日本協会が、ハビエル・アギーレ監督との契約解除を最終的に決断したのは、2月2日の深夜のことだった。

 アギーレ監督の代理人を務める弁護士との定時連絡で、スペイン検察当局による指揮官の八百長疑惑に関する告発が、バレンシア裁判所に受理されたことを確認。それを受けて3日夕方から東京・文京区のJFAハウスで緊急会見を開き、大仁邦彌会長は「ワールドカップ予選に影響が出るリスクを排除する必要があるということで、アギーレ監督との契約を解除する結論に至りました」と厳しい表情を浮かべた。

 この会見に先立ち、大仁会長は3日午前9時から田嶋幸三副会長、原博実専務理事ら幹部を集めた緊急会議を開催しており、そこで解任の方針を説明すると、異論は出なかったという。14時にスペインで滞在中のアギーレ監督に電話で契約解除を申し入れ、本人も「やむを得ない。分かりました」と了承。「日本で仕事ができたことは幸せでした。日本のサポーターの皆さまに感謝しています。日本代表チームの将来に幸運を祈っています」とのコメントを残した。

 新聞紙上では、アジアカップ期間中の1月14日にスペインで告発が受理されたとの報道があったが、日本協会理事で法務委員長を務める三好豊弁護士は、「受理されたのは1月30日。報道は事実ではなかったと認識している」と、あくまでも告発が受理されてから早いタイミングで決断を下したと明かしている。

 一方、解任に踏み切るには、これが最後のタイミングとも言えた。

 スペイン司法で八百長が扱われるのは初のケースで、起訴か不起訴かの確定までにどれだけの期間を要するかが予測できない。これ以上、決断を先送りにすれば、6月から始まる18年ロシア・ワールドカップのアジア予選に問題を引きずることは必至で、最悪の場合、ワールドカップ・アジア最終予選や本大会期間中に有罪が確定する可能性もあった。

 大仁会長は「指導者としての手腕は高く評価していた。八百長に関与した事実が確認されたわけではないので、(今後は)無実の証明に全力を尽くしてほしい。(解約の)条件面は合意している。守秘義務があるので内容を申し上げることはできないが、違約金の形はない」と説明した。

 在任から約6か月での解任は、Jリーグが発足した93年以降で最も短い。指揮官とともに招聘したコーチのスチュアート・ゲリング、フィジカルコーチのファン・イリバレン・モラス、GKコーチのリカルド・ロペスも解任する方針だ。ワールドカップ予選中の解任という最悪のシナリオは免れたが、12月に告発された時点で決断をする選択肢もあっただけに、判断が遅れた感は否めない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ