「日本のスターにリクエストを…」久保建英がミランに!? 海外メディアがマドリーからの移籍の可能性を指摘

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月30日

若手中心に舵を切ったとされるミランへ?

マジョルカで存在感を示している久保。そんな若武者にミランが興味を示したようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の久保建英。ラ・リーガ1年目ながら、昇格チームで違いを作り出し、国外のメガクラブも垂涎の存在となっているようだ。

 現地時間5月29日、スペインの移籍専門サイト『Transfer20』は、セリエAの強豪ミランが、来る夏の移籍市場で久保を期限付きで獲得することを目指していると報じた。

 昨夏にレアル・マドリーと契約し、マジョルカへレンタル中のニュースターは、ラ・リーガ挑戦1年目ながら、ここまで24試合で3ゴール・2アシストと上々の結果を残している。

 来シーズンもローン移籍が有力視されている久保については、その才能に惚れ込んだベティスやレアル・ソシエダがレンタル、パリ・サンジェルマンが完全移籍での獲得を狙っているとも言われている。

 そんなティーンエージャーに熱烈な関心を示しているというのが、ミランだ。『Transfer20』によれば、マドリーのFWルカ・ヨビッチとの交渉を巡って話し合いを持ちかけた際に、久保の名前が挙がり、「ミランが獲得をリクエストした」という。
 
 ミランは現在、イバン・ガジディスCEOをはじめとする首脳陣の意向から若手中心のチーム作りに舵を切ったとされており、新シーズンに向けてはレッドブル・グループのサッカー開発部門責任者を務めているドイツ人のラルフ・ラングニック氏を監督兼強化責任者として招聘することが有力視されている。

 そのためミランが数多くの前途有望な若手をリストアップしている可能性は高く、その補強候補の中に久保が入っていてもおかしくはない。

 この一報を受けて、イタリア・メディアも反応。移籍専門メディアの『TUTTO mercatWEB』は、ミランが昨夏にマドリーからテオ・エルナンデズを引き抜いていたことに触れたうえで、次のように伝えた。

「ロッソネーリ(ミランの愛称)はエル・ブランコ(マドリーの愛称)に日本スターのタケフサ・クボのローンを求めた。ただ、2001年生まれの日本人はラ・リーガの別のクラブでキャリアの基盤を築くことを望んでいるとされている」

 今夏の動向がますます注目される久保。はたして、日本サッカー界の至宝は、いかなる決断を下すのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ