• トップ
  • ニュース一覧
  • 「点を取っても、動きが違うと…」大黒将志が語る海外移籍と恩師ザッケローニ【インタビュー】

「点を取っても、動きが違うと…」大黒将志が語る海外移籍と恩師ザッケローニ【インタビュー】

カテゴリ:海外日本人

渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年05月30日

「イタリアの監督の下でプレーし、本当に勉強になった」

オンラインでインタビューに応じる大黒。写真はインタビュー中のスクリーンショット。

画像を見る

 過去の名勝負を放送する「DAZN」の「Re-Live」で現在配信中の、ガンバ大阪が初タイトルを獲得した2005年J1リーグ最終戦(G大阪vs川崎フロンターレ)で解説を務めた大黒将志。ジュニアから在籍していたG大阪に初タイトルをもたらし、翌年から活躍の場を海外に移した。

 フランスのグルノーブル、イタリアのトリノと欧州の舞台で戦ったストライカーに、海外生活を振り返ってもらった。

―――◆――◆―――

――海外でプレーするうえで日本と違いを感じた点は?

「まずはピッチですね。向こうはぐにょぐにょしていて、土壌の違いを感じました。それと、日本では上手い選手が良い選手というイメージですけど、海外では戦う部分とか、結果を出せることだが重視されていました。練習はダメでも試合では良いというプレーヤーも多くて、より試合を、結果を意識するようになりました。フランスには長くいるつもりもなかったし、早く移籍できるようにという想いで頑張って、何とか結果も出せて半年でイタリアに移籍できました」
 
――当時のトリノを率いていたのは、後に日本代表を指揮するアルベルト・ザッケローニ監督でした。

「イタリアの監督の下でプレーし、本当に勉強になった。凄く細かい点にも気を配り、1週間ほぼ戦術練習しかしないことも。守備のポジショニングは特に細かくて、1メートルどころか50センチくらいの細かいポジションの修正も指摘されました。攻撃の時も動きがあって、それが衝撃でした。3トップだったので、センターフォワードに入ったらどうする、ウイングの場合はどうする、と決まり事が多かった。たとえ紅白戦で点を決めても、『動きが違う』『そうじゃない』と言われたりする。『点が入っているんだからいいんじゃない?』とも思いましたよ」

――コミュニケーションは上手く取れていた?

「とても紳士的で、僕に対しても親切にしてくれた。個別にアドバイスもしてくれましたし、試合に出られない時も、その理由を丁寧に説明してくれた。例えばチーム状況が良くないから、良いプレーしているけど出せないとか」
 
【関連記事】
小野伸二は「日本の宝」で「最高傑作」。“J歴代ベスト11”で称賛の嵐! 中村俊輔も「シンジしかいない」と認める
「1点取っただけでこんなに有名になるんだ」“救世主”大黒将志が語るジーコジャパンとドイツW杯
永島昭浩が選ぶJ歴代ベスト11「周囲も活かせる11人。日本人の最高傑作は…」
カズ、中田、中村、本田…セリエAを彩った歴代日本人選手の「リアル評」は? イタリア人記者に訊く【現地発】
「可愛いとかっこいいのコラボ」なでしこ岩渕真奈&長谷川唯の“カメラ目線&新スパイク”ショットが話題!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ