【横浜】レンタル復帰の天野純。背番号は移籍前の10番ではなく39番。理由は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年05月28日

「F・マリノスの10番は“軽く”ないんで」

レンタル復帰した天野は、移籍前の10番ではなく「感謝の意味をこめて」39番を背負うことに。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 5月28日に緊急開催された横浜F・マリノスの「You Tube Live」で、ベルギーのロケレンから小池龍太とともに天野純の加入が発表された。同番組では事前にシークレットゲスト2名の参加が知らされていたが、そのふたりが天野と小池で、You Tubeでの“サプライズ発表”となった。

 小池は完全移籍でトリコロールの一員になった一方、昨夏にレンタルでベルギーに渡っていた天野は古巣復帰となった。移籍前は伝統の10番を背負っていた天野だが、今回は39番を背負うことに。司会者から新背番号を聞かれた天野は「サンキューです」と明かした後、その理由について次のように答えた。

「こういう難しい状況で受け入れてくれたF・マリノスへの感謝の意味をこめて。(10番については)こういう形で帰ってきたし、ステップアップして、もっと活躍して帰ってきたら、付ける権利はあると思うけど。そんなにF・マリノスの10番は“軽く”ないんで」

 天野自身は初の海外挑戦で思うような活躍ができなかったと考え、重みのあるナンバーを背負う資格は今の自分にはないと判断。そして、新型コロナウイルスの影響でリーグも中断中と、日本サッカー界が困難な状況に直面しているにもかかわらず、自分を迎え入れてくれたクラブに感謝し、39番を選んだ。

 気持ちも新たに、古巣で再出発を図る。リーグ連覇とアジア初制覇を目指すチームに歓喜の瞬間をもたらすことができれば、その背中に10番が復活するはずだ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】横浜Fマリノスの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ