浦和が練習再開!グループ制&マスク着用でも西川は「どれだけ幸せなことか」再確認

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年05月27日

「自分たちの目指す日程がはっきりしてきた」

トレーニングはマスクを着用して行なわれた。西川は「最初は息苦しさもありましたけど、徐々に慣れました。むしろこっちのほうが好きです」と笑って語った。(C)URAWA REDS

画像を見る

 浦和レッズは埼玉県の緊急事態宣言解除を受けて、5月27日からトレーニングを再開した。初日は、感染症予防のために少人数のグループで時間をずらしての活動。選手たちは、株式会社日本創作から支給されたトレーニングマスクを着用した。

 初日の練習では、4つのグループに分かれ、アジリティの確認、パス、シュート、最後は器具を用いた筋トレを行なったという。

 練習後にオンラインで取材に応じたキャプテンの西川周作は、約2か月ぶりのチームトレーニングに「ボールを受けることも久しぶりにできたし、仲間と一緒にやることで、充実感も違った。大原のピッチでボールを蹴ることがどれだけ幸せなことなのか再確認させられた再スタートの日になりました」と喜びを口にする。
 
 リーグ戦は6月末か7月の初めからのリスタートが見込まれている。これまでは再開日さえも読めない状況だったが、目標が見えつつある現状に、西川も胸を弾ませる。

「先が見えたというか。自分たちの目指す日程がはっきりしてきたのは、ひとつ希望が見えた。準備期間も約1か月ちょっとありますし、これからチームとしてもいろんなステップを踏みながら、確実にコンディションは良くなると思います。みんなが揃ってトレーニングできる日も近づいているんじゃないかなと思っています。非常に楽しみな気持ちと、いよいよだなという、新鮮な気持ちがありますね」

 チーム活動が再開し、リーグ再開の目途も立ちつつある。着実にコロナ禍は収束に向かっている。西川は「これから、浦和レッズとしても、他チームも、Jリーグとしても、明るい話題を提供できるんじゃないかなと思っています。ニュースを見ると毎日コロナの話ばかりなので、やっぱり明るい話題を提供したいなと思っていたので。確実に良い方向に向かっているので、ファン・サポーターの皆さんを楽しませるプレーを準備していきたい」と意気込んでいる。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】浦和レッズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
 
【関連記事】
セルジオ越後が選ぶJ歴代ベスト11「他の10人も”別格”と認めるだろうベストプレーヤーは…」
柏木陽介が選ぶJ歴代ベスト11「浦和と広島から選出。中盤は“玄人好み”に」
小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11「“魅せる”がコンセプト!でも言い争いが絶えないかも」
【小野伸二/この一枚】異国の地でも愛されて、日本人の“誇り”さえ感じさせる存在に
「マジで衝撃でしたよ」小野、稲本、本山が“一番スゴイ!”と認定した伝説の名手とは?【黄金の記憶】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ