今季5点目を決めた原口元気、現地採点で驚異の「8点台」をマーク!MOMにも選出

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月24日

タックル数も両チーム最多

約2か月半ぶりのゲームで躍動した原口。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月23日に行なわれたブンデスリーガ2部の第27節で、眩い輝きを放ったのがハノーファーの原口元気だ。

 対戦相手に新型コロナウイルスの感染者が出たため、リーグ再開節だった先週の試合が中止。このオスナブリュックとのアウェー戦が、約2か月半ぶりのゲームだったにもかかわらず、日本代表MFはエンジン全開で躍動する。

 1-2と1点ビハインドで迎えた75分には、エリア内で右サイドから抜け出したところを倒され、PKを獲得。マルビン・ドゥクシュの同点ゴールを演出する。さらに、その5分後に再びドゥクシュのゴールで逆転して迎えた、85分だった。

 中盤からするするとドリブルで持ち上がった背番号10が、右足でシュート。これがDFの股を抜けてゴール右下に決まり、勝負を決定づける4点目を奪ってみせた。
 
 2点に絡んだ原口は、様々なスタッツを算出している欧州のデータサイト『Whoscored.com』のレーティングで、両チーム最高の「8.11点」をマーク。同サイトが選ぶマン・オブ・ザ・マッチにも輝いた。8点台はこのサムライ戦士だけだった。

 このレーティングは印象点ではなく、様々なスタッツから算出されており、6.5点が及第点といったところ。新聞社などの採点に比べて高くなる傾向にあるとはいえ、8点台は簡単に出せる数字ではない。ゴールはもちろん、両軍最多の4タックルなども加味されたようだ。

 再開初戦で、幸先よく今シーズン5点目を決め、攻守に奮闘した原口。次節のカールスルーエ戦での活躍に期待が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
香川、内田、高原、長谷部…ブンデス1部でプレーした日本人選手の「リアル評」は? ドイツ人記者に訊く【現地発】
「サッカーできるのは最高」原口元気がリーグ再開を報告! 今季5ゴール目にファンも歓喜
「クボを巡って4チームが争奪戦」久保建英の来季去就をスペイン・メディアがレポート
「正直、日本に帰ろうとは思っていない」原口元気が引退後の展望を明かす!自宅待機中に熱心に取り組んでいたのは…
元日本代表、橋本英郎が選ぶ“日本サッカー10人の天才”!「小野、俊輔、久保の真のスゴさは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ