「市船サッカー部は大きな名刺」OBペナルティが名門の真髄を語る! 後輩部員を熱血トークで激励

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2020年05月22日

「カズさんの心遣いを感じるとともに、市船の看板の大きさを感じました」

千葉の名門校、市立船橋。インターハイ優勝9回、選手権優勝5回を誇る。写真奥の横断幕にある「和以征技」がチームの身上だ。写真:徳原隆元

画像を見る

 5月19日に行なわれた市立船橋高校サッカー部リモートミーティング。ペナルティの2人が参加したこの回、前編ではヒデさんとワッキーさんが自身の高校時代と大学時代の思い出、エピソードをテンポの良い掛け合いで進めていく様子を紹介したが、そんななかヒデさんは選手たちにこう問いかけた。

「今この時期は僕ら大人も自分を見つめ直す機会になっているんです。部員の皆さんもいろいろ考える時期になっていると思うし、決して無駄な時間にならないかと思います。逆に自分の夢や目標が明確になる時期にするか、しないかは自分自身。でも、市船に入ってきた時期だけで、それができるだけの力を持っていますよ。2、3年は続けているわけですし、入ってきたばかりの1年生も相当な決意のもとでここにいると思います。ここでやっていたことって、大人になった時に凄い力になると感じることが多いですから。僕らもそうで、僕らのことを知らない人でも『市船』という名前は知っている人が多くて、それだけで話がスムーズに行くことが多いんです」

 名門の看板は今も自分にとって重要な存在であることを卒業してから何年経っても思い知らされている。ヒデさんがそれを痛切に感じたのは、三浦知良選手がシドニーFCでプレーしていた2005年に、取材でオーストラリアを訪れた時だった。

「当時、カズさんは僕らペナルティの顔なども知らなかったのですが、会うなり『あ、市船サッカー部出身なんだよね』と、市船サッカー部を知っていて、そこの出身の芸人として認識をしてもらえていたんです。それもあって、練習後の貴重な時間を僕らのために割いてくれた。それが本当に感動というか、カズさんの心遣いを感じるとともに、市船の看板の大きさを感じました」

 こうヒデさんは語ると、すぐに画面の向こうにいる89人の選手たちに向けて、こう口にした。

「皆さんはそのチームの一員だという誇りは胸にずっと刻んで、これから市船を出たその先も、この『大きな名刺』というのは絶対に役に立つから、この名刺をウチの相方みたいに※夜逃げで汚さないように(笑)」(※前編参照:大学時代にワッキーさんが寮を夜逃げして去ったというエピソード)

 市船サッカー部という『大きな名刺』。これは覚悟を持って市船の門を叩き、仲間と切磋琢磨してこそ得られる大きな財産である。ヒデさんのメッセージはさらに熱を帯びた。

「今だよ、今やっていることは、この先どんな道に行っても『市船サッカー部』という大きな名刺が自分を助けてくれる日が必ず来ますから」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ