ゴールパフォで「ドラゴンボール」の必殺技を披露する選手たちーーその理由は?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年06月01日

愛する長男に捧げるパフォーマンス

ベジータの『ビッグ・バン・アタック』(上)、孫悟空の『元気玉』(右下)、孫悟飯の『魔閃光』(左下)を披露するサルビオ。(C) Getty Images

画像を見る

 世界中のフットボーラーのゴールセレブレーションに関する独自のこだわりやルーツなどを調査してまとめるのが、『ワールドサッカーダイジェスト』誌の新連載「オレのこだわりGOALセレブレーション」だ。第1回は日本の大人気アニメ『ドラゴンボール』の必殺技を披露する選手たちを紹介する。

【FILE.1】
●エドゥアルド・サルビオ/FW
●ボカ(ARG)
●アルゼンチン代表

 業界屈指の“ドラゴンボール・マニア”がサルビオだ。

 昨夏にベンフィカからボカに移籍して以降、孫悟空の『かめはめ波』や『元気玉』、孫悟飯の『魔閃光』、天津飯の『気功砲』などを次々と披露。今年3月10日の試合ではチームメイトと『フュージョン』を見せ、現地紙にも大きく取り上げられた。

 必殺技ポーズの理由は「長男(8歳のバレンティノ君)に頼まれるんだ。ゴールは彼に捧げている」と明かす。もちろんサルビオ自身もドラゴンボール好きで、貧しくて自宅にテレビがなかった幼少期は、友人宅でアニメを見るのが楽しみだったという。

【FILE.2】
●ミゲル・アルミロン/MF
●ニューカッスル
●パラグアイ代表

【FILE.3】
●ヨセフ・マルティネス/FW
●ベネズエラ代表
●アトランタ・ユナイテッド(MSL)

 17年からMLSアトランタ・ユナイテッドでコンビを組んでいたアルミロンとマルティネスは、前者がドラゴンボール・ファンだったため、一方がゴールを決めると『フュージョン』が十八番になっていた。

 19年1月にアルミロンがニューカッスルに移籍して以降も、2人の友情は不変だ。マルティネスが今年3月1日のMLS開幕戦で膝に大怪我を負うと、アルミロンはその2日後のFAカップで得点を挙げて親友へ激励の“ひとりフュージョン”を贈った。
 
※『ワールドサッカーダイジェスト』2020年4月16日号より転載

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ