「クソッタレと言われてるのに…」敵DFの暴言にも笑ったハーランドの“大物ぶり”に海外メディアも驚嘆!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月17日

やっぱり半端ないポテンシャル

世界から注目されたリスタートマッチで圧倒的な存在感を放ったのが、このハーランドだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間5月16日、ついにドイツのブンデスリーガが再開した。

 新型コロナウイルスの影響で各国リーグが打ち切りや中断を余儀なくされているなかでのリスタートとあって、世界中の注目を集めたブンデスリーガの第26節。なかでも、“宿敵”シャルケにドルトムントが4-0と快勝した一戦は大きな話題となっている。

 この伝統のレビア・ダービーで、千両役者ぶりを発揮したのが、ドルトムントの“怪物”アーリング・ハーランドだ。

 29分にトルガン・アザールのアーリークロスに合わせ、左足の巧みなワンタッチシュートで均衡を破った19歳の大器は、チームが2点を追加して迎えた63分には絶妙なスルーパスでラファエウ・ゲレイロのダメ押し弾をアシストし、強烈な存在感を放った。

 2か月ぶりの再開という緊張感もあったなか、持ち味を存分に発揮したハーランドが“大物ぶり”を見せつけたのは、得点シーンだけではない。
 

 スコアレスで迎えた23分だった。味方のCK時に相手エリア内で自身のマーカーだったフランスU-20代表CBのジャン=クレア・トディボと激しくもつれたハーランドは、強めのショルダーチャージを当てたのだ。

 問題はここからだ。厳しいチャージに激怒したトディボが、明らかな暴言をぶちまけたのだが、ノルウェー代表FWは不敵な笑顔を浮かべてやり過ごしたのだ。

 あのズラタン・イブラヒモビッチを彷彿とさせるパーソナリティーを見せつけた俊英の振る舞いに、英国メディアなどが反応している。

『The Sun』紙が「ハーランドは明らかに我を失ったトティボからフランス語で『クソッタレ!』と言われているのに、萎縮する素振りなんて一切見せなかった。そして、騒動の6分後にゴールを決めて笑った」と評せば、『Express』紙は「トティボとの口論も、ハーランドにとって刺激にしかならない。あれは彼のパフォーマンスを向上させてしまったようだ」と綴った。

 全世界から注目された一戦で、そのポテンシャルを遺憾なく発揮したハーランド。その肝っ玉の大きさも含めて、やはり“半端ない”ストライカーである。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ