ミラン インザーギ続投を決める一方、守備と前線の補強に狂奔――ボッケッティ、アントネッリ、デストロ、ターラブト…

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年01月28日

ローマからデストロ獲得で合意を取り付けるも…。

危機的状況のミランは戦力補強に奔走。写真左上から時計回りに、獲得を決めたボッケッティ、アルメロとの交換を画策するアントネッリ、エル・シャーラウィの穴埋め候補のターラブト、ローマとは合意したデストロ。 (C) Getty Images

画像を見る

 1月27日のコッパ・イタリア準々決勝でラツィオに0-1で敗退したミランは、解任の噂も流れていたフィリッポ・インザーギ監督の続投を決める一方で、ウイークポイントとなっている最終ライン、そして前線の補強になりふり構わず奔走している。
 
 まず、突如獲得が決まったのが、2010-11シーズンにジェノアからルビン・カザンに移籍して以来、ロシア・リーグでプレーを続けてきた元イタリア代表DFサルバトーレ・ボッケッティ(現スパルタク・モスクワ)。
 
 ボッケッティはスパルタクのキャンプ地であるスペインから27日夕方にミラノ入りしており、28日にメディカルチェックを受けて契約書にサインする見通しだ。移籍形態は買い取りオプション付きレンタル。
 
 最終ラインの補強はそれだけでは終わらない。アドリアーノ・ガッリアーニ副会長は過日、今シーズン末にパレルモとの契約が切れるアルゼンチン人CBエセキエル・ムニョスの獲得に向けて、移籍金150万ユーロ(約2億1000万円)を支払って1月に獲得するというオファーを出した。パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長は回答を保留しており、28日以降、改めて話し合いが持たれる見通しだ。
 
 かねてからの懸案となっている左SBに関しては、友好的な関係にあるジェノアに対して、コロンビア代表SBパブロ・アルメロを差し出し、イタリア代表SBルカ・アントネッリを譲り受ける交換を申し出ている。
 
 当初ミランはインテルにアルメロとイタリア代表FWパブロ・オスバルドの交換をオファーしたが断られており、矛先をジェノアに変更したという経緯だ。
 
 前線の補強に関しても大きな動きがあった。
 
 シャフタール・ドネツクのブラジル代表FWルイス・アドリアーノを獲得するメドがほぼ立ったことで、マッティア・デストロの放出に踏み切ったローマと交渉を進めて、買い取りオプション付きレンタル(レンタル料70万ユーロ=約9800万円、移籍金1500万~1600万ユーロ=約21億~22億4000万円)で合意を取り付けたのだ。
 
 しかしデストロ自身は買い取りオプション付きレンタルでの移籍を望んでおらず、完全移籍か、レンタルでも移籍が事実上確定する買い取り義務付きの形態を求めている。いずれにしても、今週中に最終的な決断を下すことが必要だ。
 
 さらにミランは、ステファン・エル・シャーラウィの再度の長期離脱(足指骨折)で前線にできた穴を埋めるべく、昨シーズン後半にレンタルで所属していたモロッコ代表MFアデル・ターラブト(QPR)の獲得にも動き出した。ただしこの動きにはコッパ・イタリアの敗退でブレーキがかかっている。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ