「兄弟? いや親子!?」湘南の新助っ人は早くも息ピッタリ

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年01月23日

アリソン×アンドレ・バイア ブラジル人コンビが軽快トーク。「湘南がJ1で通用することを証明する」

湘南に加入したアリソン(左)とアンドレ・バイア。ブラジル人コンビが新たな“湘南の暴れん坊”になる!(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 湘南は22日、ポルトガル人FWギマの加入を発表した。ルーマニア1部クルジェからの完全移籍。昨季は13試合・3得点。EL(ヨーロッパリーグ)予選で3試合に出場し1得点を記録している。身長194センチと大柄ながら機動力を併せ持つところが武器で、背番号は昨季ウェリントンがつけていた「9」。
 
 クラブが新エースとして期待していることが分かる。まさにラストピースと言え、23日に合流。これで「15年版湘南ベルマーレ」の陣容は整った。
 
 一方、すでに13日のチーム始動日からプレーしている助っ人が、フェイエノールトなどで活躍した歴戦のDFアンドレ・バイアと10代ながらポテンシャルを秘めた若手FWアリソンのブラジル人コンビだ。
 
 アンドレ・バイアはフェイエノールトで小野、宮市とプレーした経験があり、「ずっと親日家だった」と自称する。
 
 19日の新体制発表会で、本誌がふたりを直撃してみたところ、早くも抜群の“呼吸”を見せてくれた。
 
 助っ人コンビのテンポの良い言葉のパス交換をまとめた。活躍を期待して良さそうだ!
              ◆           ◆           ◆
 
――おふたりは来日後初めて顔を合わせたにもかかわらず、さっそく息がとても合っているようですね?
 
A・バイア「そうなんだよ、まるで本物の兄弟みたいにね」
アリソン「いや、いや、親子みたいかな。僕にとってバイアは本当大きな存在。お父さんみたい(笑)」
A・バイア「ハハハ、良い関係だよね。しかも、ただ単に『同じブラジル人だから仲がいい』というわけではなく、一緒にいると自然と波長が合うね。それはさっそく実感しているよ」
アリソン「しかもピッチに立てば、僕は常にいろんな刺激を受けている。インスピレーション(直感)が沸き出てくるのが分かる」
【関連記事】
【J Inside Story】湘南・高山 薫――1年での古巣復帰に懸ける決意
【湘南】三度目のJ1は、「挑戦」から「証明」へ
【Jリーグ新体制】いよいよ新シーズンの陣容が明らかに!
【柏】大津ら新加入選手をお披露目
ペトロヴィッチ体制4年目、浦和が始動!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ