【浦和】Jとアジア制覇へ、ズラタン、石原ら新加入11人が2015年版ユニホームで登場!

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年01月13日

1月14日からの始動に向け意気込みを語る

新体制発表会見に臨んだ、(後列左から)高木俊幸、大谷幸輝、岡本拓哉、小島秀仁、茂木力也、斎藤翔太、(前列左から)加賀健一、石原直樹、橋本和、武藤雄樹、ズラタン。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 JリーグとACL制覇へ――。浦和が1月13日、新加入選手の記者会見を埼玉スタジアムで開き、大宮から移籍したスロベニア代表FWズラタンら新加入11選手が抱負を語った。
 
 記者会見の後、選手たちは埼スタのピッチ上で、JとACL仕様の新ユニホームを披露。スタンドに駆け付けた多くのサポーターから、その“勇姿”にさっそく大きく温かな声援が送られた。
 
 ホームの2015年版ユニホームは、伝統の赤とダイヤモンドが基調で、ダイヤの中心から次第に広がるグラデーションはすべての関係者の想いを結集した「年輪」をイメージしている。一方、アウェー版は逆にすっきりとした白をベースに、トレンドである小さな襟をつけるモダンクラシックなデザインになっている。
 
 記者会見に出席したのは、新加入のズラタン、石原、橋本、武藤、高木、加賀の6人、レンタル移籍先から復帰した大谷、岡本、小島の3人、浦和ユースから昇格した茂木、斎藤の2人、それに山道強化本部長。
 
 山道強化本部長は今回の補強について、「新たに始まる2ステージ制とACLを戦うため、選手のクオリティとボリュームが求められ、実績ある6人、経験を積んできた3人、将来性ある2人が加わった。また、ミシャ(ペトロヴィッチ監督)と3年間やってきて、勝ちながら育てる難しさをともに感じてきた。そのなかで試合に出て経験を積んだ3人の選手が戻ってきたが、そういった個の育て方も考え進めていかなければいけない」と説明した。

 クラブは昨季課題を露呈したシャドーやウイングバックの主力級のタレントを相次いで獲得。一方、ベテランの坪井をはじめ、加藤、山田、濱田、阪野、矢島ら浦和ひと筋で育ってきた多くの生え抜き選手が退団していった。大幅に血を入れ替えてでもチーム内の競争をより活性化させ、今季こそ必ずや優勝するという決意のようなものが感じられる大幅なテコ入れとなった。
 
 大宮から加入したスロベニア代表FWのズラタンは「Do my best! 自分の良いところを出して、チームに貢献したい」と意気込みを語った。広島で2年連続10得点を記録した石原も「持ち味はハードワーク。力を100パーセント出して貢献したい。ひとつでも多くタイトルを獲りたい」と決意を示した。
 
 昨季終盤に右足の腓骨骨折により離脱した興梠、不整脈を患った鈴木ら主力クラスの選手の状態によっては、昨季からレギュラーの顔触れが大きく変わる可能性もある。これまでサブを含めてメンバーを固定しがちだったペトロヴィッチ監督には、対戦相手や様々な状況に応じ、この個性派揃いの新加入選手を柔軟に使いこなせるかも、悲願のタイトル獲得に向けたテーマになる。
 
 シーズン序盤からタイトな日程が続く。2月25日のアウェーでのACL水原三星(韓国)戦を皮切りに、同28日にゼロックス・スーパーカップのG大阪戦、3月4日にホームでのACL第2節ブリスベン・アロー(オーストラリア)戦、そして7日にJ開幕戦(アウェーでの湘南戦が有力)と、さっそくチーム力が試される。
 
 それだけに新加入選手には、早い段階から、ペトロヴィッチ監督の独特と言える連動性を重視した戦術を理解し、チーム内での自らの「武器」の活かし方を見出すことが求められそうだ。
 
 チームは1月14日に恒例となっている調神社での必勝祈願の後、大原サッカー場で全体練習をスタート。同16日から26日まで宮崎県宮崎市で1次合宿を行なう。
 
■新加入選手のコメント
ズラタン(←大宮/FW)
「ボールを持ってからのスピードが持ち味。自分の良いところを出して、チームに貢献したい」
 
石原直樹(←広島/FW)
「多くのサポートしてくれた人たちに感謝したい。浦和と広島はスタイルが似ているので、やるべきことはあまり変わらないと思う。チャレンジしたい」
 
橋本 和(←柏/DF)
「持ち味は高さと左足のキック。チームに少しでも貢献できるように頑張りたい。ペトロヴィッチ監督のスタイルは、観ていても特殊だったので、しっかり勉強したい」
 
武藤雄樹(←仙台/FW)
「スピードやドリブルといった攻撃の部分など自分の力を最大限に出して、リーグ優勝に貢献したい」
 
高木俊幸(←清水/FW)
「チームが結果を出せるように、どんどん点を決めたい。武器は、ドリブルで仕掛けるところと、積極的にシュートを打つところ」
 
加賀健一(←FC東京/DF)
「チームの勝利に貢献できるよう頑張りたい。ペトロヴィッチ監督は、『ポゼッション』の印象が強い。スピードを活かした攻守への貢献が持ち味」
 
大谷幸輝(←北九州/GK)
「至近距離からのシュートストップには自信がある。ミシャ監督はビルドアップを重視するので、足下の技術も求められる。成長した姿をしっかり見せられるように頑張りたい」
 
岡本拓也(←長崎/DF)
「1年半で得た経験を、しっかりこのチームで発揮したい。ミシャ監督とは2年間一緒にやっていたので、スタイルに関しては大丈夫」
 
小島秀仁(←徳島/MF)
「再びここでプレーできる喜びを感じつつ、スタメンを取って、優勝に貢献したい。持ち味は、前を向いた時に、いろんなパスを通せるところ。(ペトロヴィッチ監督のスタイルは)全員でつないで、全員でゴールを決めるので、自分には合っていると思う」
 
茂木力也(←浦和ユース/DF)
「チームに少しでも貢献できるように、日々成長していきたい。1試合でも多く試合に出たい。持ち味は、身体を張った守備と気持ちのこもったプレー」
 
斎藤翔太(←浦和ユース/MF)
「1日でも早く埼スタのピッチに立てるように頑張りたい。(武器は)左右両足のキックと一瞬のスピード。もっと監督の戦術を理解して頑張りたい」
 
 
Pos. No. 名前 生年月日(年齢)
 
GK
西川周作 86.06.18(28)
15 大谷幸輝 89.04.08(25)
23 岩舘 直 88.08.17(26)
 
 
 
DF
 
 
 
加賀健一 83.09.30(31)
那須大亮 81.10.10(33)
槙野智章 87.05.11(27)
17 永田 充 83.04.06(31)
27 茂木力也 96.09.27(18)
33 橋本 和 86.09.14(28)
36 岡本拓也 92.06.18(22)
46 森脇良太 86.04.06(28)
 

MF
 
 
宇賀神友弥 88.03.23(26)
梅崎 司 87.02.23(27)
柏木陽介 87.12.15(27)
13 鈴木啓太 81.07.08(33)
14 平川忠亮 79.05.01(35)
16 青木拓矢 89.09.16(25)
18 小島秀仁 92.07.30(22)
22 阿部勇樹 81.09.06(33)
24 関根貴大 95.04.19(19)
25 斎藤翔太 96.12.07(18)
 
FW
11 石原直樹 84.08.14(30)
19 武藤雄樹 88.11.07(26)
20 李 忠成 85.12.19(29)
21 ズラタン 83.12.15(31)
30 興梠慎三 86.07.31(28)
31 高木俊幸 91.05.25(23)
 
【関連記事】
【Jリーグ新体制】いよいよ新シーズンの陣容が明らかに!
【横浜FC】ミロシュ・ルス新体制が始動
【大分トリニータ】どこよりも早く新体制を発表
サポーターから愛されたふたりのGKが大宮で邂逅 加藤順大と塩田仁史、それぞれのストーリー
【浦和シーズン総括】終盤戦に何が起きたのか?「魔のラスト3試合」を徹底分析する

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ