「意外な才能だ」「演奏はいいのに…」ネイマールがピアノの腕前を披露! ファンからは驚嘆と不満の声!?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月27日

名曲の演奏は称賛されたが…

ピアノをスムーズに演奏する姿を披露したネイマール。 (C) Getty Images

画像を見る

 自宅待機を続けるセレソンのエースが新たな才能を披露した。

 リーグ・アンのパリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールは、現地時間27日、自身のSNSでピアノを演奏している動画を公開。その腕前が、大きな反響を呼んでいる。

 ブラジル代表の10番は、自宅待機中に音楽を聴いて楽しんでいることを度々明かしているが、自ら演奏する腕前があることも示した。動画でネイマールは、今年、飛行機事故で急逝したコビー・ブライアントさんのユニホームに身を包み、白い大きなピアノの前に着席。そして、両手を鍵盤にのせ、ジョン・レジェンドの『All of Me』を演奏し始める。

 奏者はスムーズに名曲の旋律を奏でるが、やがて同室に居る何者かが唄い始めたところで、動画は終了する。

 ファンは、名手の演奏に驚嘆。「悪くない!」「意外な才能だ」「もっと聴いてみたい」「ピアノ奏者になるという未来もあるな」などのコメントを寄せている。一方、差し込まれた歌声に対しては「いい演奏をムダにする歌声は誰だ!?」「演奏がいいのに、歌声は0点」「ほんとうに、最後のダミ声ですべてが台無しだ」といった不満の声が相次いだ。

 ピアノの腕前を称賛されたセレソンは、自身のHPで「一刻も早くフィールドに戻りたい」と明かしている。そのためにも今は、自宅での楽しみ方を模索しているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ