「チェルシーは騙された」リバプールのレジェンドが元同僚F・トーレスの電撃移籍を回顧!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月25日

チェルシーでの不調に「まったく驚かなかった」

2011年冬にチェルシーへ移籍したF・トーレス。だが、リバプール時代の輝きは放てなかった。(C) Getty Images

画像を見る

 元リバプールのレジェンド、ジェイミー・キャラガーがチームメイトだったフェルナンド・トーレスのチェルシー移籍を振り返った。『Sky Sports』で行なった元チェルシーDFジョン・テリーとの対談で語った内容を、スペイン紙『Marca』などが伝えている。

 キャラガーは、2011年1月にチェルシーがF・トーレスを5000万ポンド(約70億円)で引き抜いた大型移籍について「信じられなかった」と回顧した。

「リバプールでの最初の18か月、彼は世界最高のストライカーだった。ただ、最後の12か月間は、以前の自分の影を追っているようだった。『チェルシーは騙されたな』と感じたね」

 元スペイン代表FWのパフォーマンスが低下していた事実を明かしたキャラガーは、それでもチェルシーが大枚を叩いたのは、直接対決で強かったからだと指摘している。
 
「リバプールにとって“幸運”だったのは、トーレスがチェルシー戦でいいプレーしたことだ。それが(ロマン・アブラモビッチ)オーナーの印象に残ったんだろう。本当に苦労していたそのシーズンも、チェルシーを相手に2点を挙げていたんだ」

 そして、案の定チェルシーで輝きを放てなかったことに、「まったく驚かなかった」と語っている。

 リバプールはその“エル・ニーニョ”の移籍金で、ニューカッスルからアンディ・キャロル、アヤックスからルイス・スアレスというふたりのFWを獲得した。前者は本領を発揮できずに終わったが、後者は前任者の穴を埋めて余りある活躍を披露し、リバプールのファンは留飲を下げたのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ