「間違えちゃったかな、来るところ」。青森山田高で受けた衝撃【室屋成のルーツ探訪/前編】

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2020年04月22日

「なんでもやりたい子」が味わった挫折

日本代表にも名を連ねる室屋。プロになるまでどんなキャリアを辿ってきたのか。金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「雪は凄いし、先輩たちは怖い。監督にはなんとも言えないオーラがある。最高学年には柴崎(岳)選手がいるし……。間違えちゃったかな、来るところ」

 青森山田高に進学し、超名門のサッカー部の練習に参加した時、室屋成は「とんでもないところに来てしまった」と直感的にそう思った。

 1994年4月5日に大阪府の泉南郡熊取町に生まれた室屋は、実を言えば中学までサッカーに没頭していたわけではなかった。地元のゼッセル熊取FCに入団したのも「拓実がいたから」だという。「拓実」とは、そう、現日本代表でリバプールに在籍している南野拓実のことである。

「拓実のお兄ちゃんとうちの兄貴が同じサッカークラブに入っていたんですよ。母親同士もめちゃくちゃ仲良しで、(練習の)送り迎えの時は僕と拓実もついて行ってふたりで遊んでいました。しばらくしてから拓実もサッカーを始めたので、『じゃあ、僕も』という感じでしたね」

 幼馴染の南野曰く、小学時代の室屋は「鬼ごっこをしていたイメージがめっちゃ強い」。なにより楽しかったのは友達と遊ぶこと。この頃はまだプロのサッカー選手になるという夢など抱いてなかった。そもそも、自分にそんな才能があるとは考えもしなかった。
 
 室屋少年は「なんでもやりたい子」(本人談)で、実際、スイミングスクールや習字教室に通った。良く言えば好奇心旺盛、悪く言えば飽き性で、いずれにしても長続きしなかった。学習塾もすぐに行かなくなったそうだが、サッカーだけは例外だった。もっとも、サッカーへの純粋な興味よりも、「チームに仲の良い友だちがいたから」だった。最大の楽しみは言うまでもなく、練習後の鬼ごっこ。追う、追われる、そんな動作を繰り返すことで自然と脚力は鍛えられたという。

 ゼッセル熊取FC時代のポジションは、主にFWかトップ下だった。90年代後半から2000年代前半にかけてイタリアのセリエAが日本で流行っていた背景もあり、憧れの選手は「バティ」ことガブリエル・バティストゥータ(元アルゼンチン代表FW)だった。

「他のみんなは(ブラジル代表の)ロナウド選手やロナウジーニョ選手が好きでしたけど、僕は『ミーハーな選手に行かへん』と。それでバティを好きになりました。あの長髪はもちろん、豪快なシュートが格好良かった。本当に大好きで、アルゼンチンのユニホームを買ってもらいました」

 サッカーの才能があることは少しずつ自覚し始めていた。生まれつき運動神経が良く、体力もあったのでチームのなかでも目立つ存在だった。しかし──。思わぬ挫折を味わうことになる。なんと、セレッソ大阪Jrユースのセレクションで不合格になってしまうのである。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ