「カッコイイ!!」「クリント・イーストウッドのよう」昨季引退の闘莉王がインスタを始動!故郷ブラジルからの投稿に大反響

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月20日

先日、公式YouTubeチャンネルを開設したばかり

昨年12月に行なわれたE-1選手権で、引退後初解説を務めた闘莉王。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 昨年12月1日に現役引退を発表した、元日本代表DFの田中マルクス闘莉王。引退後は、両親への親孝行のためにブラジルに戻り、遠く離れた日本の人たちとのコミュニケーションツールとするために、4月8日にYouTube公式チャンネル「闘莉王TV」を立ち上げていた。

 そして4月20日、自身のインスタグラムを始動させた。

「みなさんお久しぶりです!YouTubeに続いて、ブラジルからインスタも始めます!新型コロナで大変な時期ですが、みんな心1つに!みんなで乗り越えましょう!たまにスタッフさんからの投稿もありますが、闘莉王TVとともに、こちらもよろしくお願いします!闘莉王TVはプロフィールURLからアクセスできます!」と挨拶すると、2枚の近況写真を投稿した。

 現在の住居はブラジルサンパウロ州の中心部から車で7時間半という田舎町にあり、写真では、そこで馬に乗って駆け回っている闘莉王の姿を見ることができる。

 この投稿にファンも早速反応し、以下のようなコメントが寄せられている。
 
「元気そうで何よりっす!!」
「カッコイイ!!」
「待ってましたー」
「インスタ始めて下さりありがとうございます」
「更新楽しみにしてます」
「この環境social distancing 完璧」
「馬に乗る姿が若い時のクリント・イーストウッドのよう」
「日々の幸せが増えました」

 現役時代は、浦和レッズでJ1優勝、ACL制覇を成し遂げ、移籍した名古屋グランパスでも移籍初年度にチームをリーグ優勝へと導いた。日本代表でも04年のアテネ五輪、10年の南アフリカ・ワールドカップに出場。国際Aマッチ43試合に出場し、8ゴールを記録している。

 19年間のプロ生活にピリオドを打った38歳は、故郷ブラジルで、輝かしい現役時代にも負けない、第二の人生を謳歌しているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ