「クソ! 俺は何のために…」アグエロがチャリティーのゲーム大会でハメスに敗れてマジギレ! SNSで大反響に

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月20日

ハメスのリバプールに敗れて…

マンチェスター・シティを使って大会に参戦したアグエロだったが、敗北を受け入れられなかったようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響によって、各国リーグが中断や打ち切りを余儀なくされるなか、現地時間4月18日に行なわれたEAゲームスが発売している人気サッカーテレビゲーム『FIFA20』のチャリティー・イベントで見せたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが見せた振る舞いが話題となっている。

 このイベントは、ユベントスに所属するパウロ・ディバラが主催し、世界的人気を誇る『FIFA20』を使ったオンラインの大会で、集まった寄付金はすべて赤十字社に送るというものだ。

 参加者も豪華で、サッカー界からはアグエロ以外に、ハメス・ロドリゲスやハビエル・エルナンデス、レアンドロ・パレデスが参戦。他にもバスケットボールプレーヤーのファクンド・カンパッツォ、テニスプレーヤーのドミニク・ティエムら各界のトップアスリートが集った。

 ここで誰よりも負けず嫌いな一面を覗かせたのがアグエロだった。
 
 自身が所属するマンチェスター・シティを使って参戦したアグエロは、リバプールを使用したハメス・ロドリゲスとの初戦で、延長戦の後半に決勝点を許してしまう。すると、持っていたコントローラーを投げ捨て、「クソ! 俺は何のためにプレーしていたんだ! なんでこれが動かないんだよ」と吠えたのだ。

 視聴者が目にできるワイプ画面に一部始終が映っていたため、すぐさま冷静さを取り戻したアグエロ。だが、その様子はSNSなどで拡散され、現地で大きな話題となった。

 恥ずかしいシーンを見せてしまったアグエロは、大会の翌日にアルゼンチン・メディア『Tyc Sports』の取材に応じ、次のようにコメントを残した。

「R1のボタンが動かなかったから僕はコントローラーを捨てたんだ。拾った後にも設定を修正して確かめたけど、ダメだったから多分最初から壊れていたんだと思う。全ての設定を誤っていたんだと思う。僕はあの後、ありとあらゆるものの電源を落として、ゲームをやっていた部屋に1時間以上は居座ったよ」

 なお、思わぬ白熱ぶりとなった大会は、アグエロを破ったハメスが決勝で主催者であるディバラを撃破し、見事に優勝を飾っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ