「栄光からクソッタレだ…」元バルサDFバルトラ、キャリアが一転したベイルとの6年前の“対戦”を回顧!

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年04月17日

同点のスコアラーから一転…

大舞台で激突したベイルとバルトラ。天国と地獄を味わうはめに。 (C) Getty Images

画像を見る

 ベティスのマルク・バルトラにとって、6年前の2014年4月16日は忘れられない日だろう。

 当時バルセロナの選手だったバルトラは、コパ・デル・レイ決勝で宿敵レアル・マドリーとのクラシコに臨んだ。バルトラにとって、初めてのクラシコだった。

 序盤に先制を許して迎えた後半、バルトラはCKからのヘディングシュートでイケル・カシージャスを相手に同点ゴールを決める。だが終了間際、ガレス・ベイルにスピードで引きちぎられ、勝ち越しゴールを許してしまう。試合はそのまま2ー1で終了。バルトラとバルセロナは、宿敵に屈した。

 スペイン紙『MARCA』によると、バルトラはカシージャスとのソーシャル対談の中で「地獄のようにつらかった。当時は若く、下から上がってきたところで、初めてのマドリー戦だったんだ」と振り返っている。

「僕はカシージャス相手にゴールを決めていた。でもあっという間に、栄光からクソッタレだよ。とても難しかった」

 そして試合後に、バルトラを癒したひとりが、今回対談したカシージャスだった。バルトラは「この話をしたかったのは、あれ以降していなかったからなのと、試合後にあなたが励ましに来てくれたのを覚えているからだ」と明かした。

「カシージャスは素晴らしい人なのだと分かったよ。あれだけの勝利を手にした人が、若造を抱きしめて力を与えてくれたんだ」

 一方で、そのカシージャスは「ミスから学ぶものではあるが、あれはミスだったとは思わない。それよりもガレスの功績だ」と、バルトラを擁護しつつ、元チームメートのベイルに賛辞を寄せている。

「ほかのどんな選手でも、あのボールをあきらめたか、ピッチに倒れてファウルを求めていただろう。でも、彼(ベイル)は続けることに賭けた。あれは彼の能力のおかげだったんだ」

 2014年を最後に、マドリーはコパ優勝から遠ざかっている。バルトラは2年後にドルトムントへ移籍。ドイツで1年半を過ごし、2018年1月からベティスでプレーしている。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ