「キュートです」「やっぱりかわいい!」川澄奈穂美が投稿した自作マスクの”すっぴん”姿にファン反応

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月16日

週に1、2度、チームでの”Zoom”トレーニングも実施

オンラインでのトークイベントも行うなど、「自宅待機中も時間が足りない」と話す川澄。(C)Getty Images

画像を見る

 アメリカのニュージャージー州に本拠地を置く、スカイ・ブルーFCに所属する川澄奈穂美は4月16日、自身のツイッターを更新し、自作のマスクが完成したことを報告した。

「本日マスクデビュー」と綴ると、ハッシュタグで「眉毛なし」、「髪の毛ボサボサ」、「青空でした」と”すっぴん”姿を告白し、マスク姿の写真を投稿した。

 この投稿に、ファンからは以下のようなコメントが寄せられた。

「こっわ」
「まゆ毛無しで髪ボサボサだと何か凛々しい」
「やっぱりかわいい!」
「キュートです」
「映え映え~」
「布マスクは凄く抵抗ありますが。これは良いですね」
「あの作ったマスクだ。お似合いです」
「マスクでリスク回避ですね」
 
 4月初旬の段階で、38州で外出禁止令が出されているアメリカ。4月18日に開幕が予定されていたNWSL(アメリカの女子サッカーリーグ)は現在、全クラブのトレーニングを5月5日まで一時停止し、6月末のシーズン開幕を目指している。

 川澄も自宅でのトレーニングを続けているようで、4月15日に更新した自身のブログでは、「毎日、自分で考えたトレーニング+チームからもらったトレーニングをしています」「チームからのトレーニングはアプリでシェアされています、アメリカめちゃくちゃハイテク~」などの個人トレーニングのほか、週に1、2度は、「今流行りのZoomを使ってやるんですよ」とチームトレーニングの現状も紹介。

「コロナが収束したらみんなと一緒に思いっきりサッカーするぞー」とその想いも伝えていた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】キュートな笑顔でピッチを駆ける!なでしこ川澄奈穂美の特集フォトギャラリー‼
【関連記事】
「サイコーの親子」小野伸二が愛娘とともに自作TシャツでPPAPチャレンジを披露!次回挑戦者に福西崇史氏を指名
【名勝負の後日談】ドーハの悲劇~最後に蹴らせたのは贖罪なのか…? ラモス瑠偉が感じた疑問
オールタイムでも1位はあの男! 現地番記者が選ぶ「過去20年のアーセナル・レジェンドTOP10」
「可愛いすぎ~」「自宅ちっちゃ!」長友佑都が投稿した2歳長男との“密着待機中”2ショットが大反響!
「あら、マネした?」イニエスタ夫妻の高度な“合体&連携プレー”になでしこ川澄も反応!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ