「今再開したら2試合で医務室行きだ…」デ・ブルイネ、今季のプレミア打ち切りを覚悟!? 母国紙で持論を語る

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年04月03日

「すべてが過密になるかもしれない」

再開したとしても、来季に問題が影響があると指摘したデ・ブルイネ。 (C)Getty Images

画像を見る

 ベルギー・リーグは中断していたレギュラ-シーズンを打ち切る方針だと発表した。イングランドでプレーするベルギー代表のケビン・デ・ブルイネは、将来的な影響を考えて決断すべきとの見解を示している。

 3月からシーズンが中断し、選手たちは自宅待機を余儀なくされている。デ・ブルイネは、リーグ戦を再開できた場合でも、負傷リスクを避けるために準備期間が必要と述べた。

 英衛星放送『Sky Sports』によると、デ・ブルイネは地元紙『Het Laatste Nieuws』で「またプレーできるのかどうかは分からない」と話している。

「サッカー選手としては明快じゃないね。6週間も何もしなければ、普通は3~4週間のプレシーズンが必要だ。すぐに再開したら、みんな2試合こなしただけで医務室行きだよ」

 デ・ブルイネは「もちろんそんなつもりはない。でも、あまり決断するのを待ちすぎると、来シーズンに問題となりかねないと思う」と続けた。

「夏休みもさほど長くないし、すべてが過密になるかもしれない。こんな良いシーズンを止めてしまうのは残念だろう。でも、来年への影響を避けられるのであれば、そうすべきだ」

 新型コロナウイルスの感染拡大で、夏に予定されていたEURO2020も来年に延期となった。だが、デ・ブルイネは「1年の違いは、そう悲観していない」と話している。

「EUROを中止にしていたら、いきなりワールドカップになっていた。それは問題だっただろう。今回の隔離で、僕らの多くは引退後のことを考えさせられた。みんな、さらなる1年のために全力を尽くそうとモチベーションを高めると思う。僕はあまり自分の調子を心配していない。またサッカーをしだしたら、元のレベルに戻るはずだ」

 来季に影響することなく今季を完遂し、2021年のEUROでも人々がサッカーを楽しめるのがベストだが……。進展が待たれる。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ