「僕は破り捨てた…」ディ・マリアが明かしたW杯決勝前にマドリーから届いた“失望の手紙”。その内容は?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月31日

「僕を売り飛ばそうとしていたから…」

決勝のピッチに立てずに涙を流したディ・マリア。当時の心境を本人が明かした。 (C) Getty Images

画像を見る

 2014年7月のブラジル、ドイツ代表とのワールドカップ決勝を控えていたアルゼンチン代表のアンヘル・ディ・マリアの元に、一枚の手紙が届いていた。

 差し出したの当時所属していたレアル・マドリ。その内容は、「ファイナルに出てはいけない」という厳しいものだった。というのも、ディ・マリアは、準々決勝のベルギー戦で脚を負傷。準決勝のオランダ戦を欠場し、満足にプレー出来る状態ではなかったのだ。

 契約を結んでいるマドリーからすれば、当然の“命令”だった。だが、非情な宣告を受け、ディ・マリアは手紙を破り捨てたという。アルゼンチンのテレビ局『Telefe』のインタビューで、こう明かした。

「この真実を知っているのは、チームドクターだったダニエル・マルティネス、監督のアレハンドロ・サベージャ、そして僕だけだ。怪我の状態はできるかできないかのギリギリのところだった。でも、僕としては試合に出たかった。たとえもう一回、サッカーをできなくなっていたとしてもね。そんなことは全く重要ではなかったんだ。

 マドリーからの手紙はダニエルから受け取った。あのとき、彼ら(マドリー)が僕を売り飛ばそうとしていたのは知っていた。それで売り物を傷つけたくなくて送ってきたんだ。僕はそれを手にしたけど、破り捨てたんだ」
 
 結局、ディ・マリアは決勝のピッチに立てず、延長戦の末にドイツに屈した仲間たちをベンチから涙ながらに見守るしかできなかった。

 ディ・マリアは当時の心境を語っている。

「試合の前の日にアレハンドロの元へ話しに行って、僕は泣きながら自分が100パーセントの状態じゃないと伝えた。監督は、僕を愛してくれていて、プレーして欲しいと願っていることが分かった。でも、ふたりともチームにとって最善のことを考えた。そう考えてはいたけど、痛み止めを打って、チャレンジはしようとしたんだ。最終的にミーティングでエンソ・ペレスを僕のポジションに置くことが決まったけどね」

 大会後、マドリーに不満を抱いていたディ・マリアは、当時のプレミアリーグ史上最高額となる5970万ポンド(約83億5800万円)でマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した。

 15年8月には、パリ・サンジェルマンへと移籍し、チームに欠かせないパーツとして活躍を続けているディ・マリア。ブラジルで味わった悔しさもその原動力となっているはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ