「ユニホームを交換できなかった…」「彼はかなり怒ってた」イタリアでC・ロナウドのPKを止めた“唯一の男”が回想

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年03月30日

「ユニホームを交換することで合意していた」

渾身の横っ飛びジャンプでC・ロナウドのシュートをストップしたソッレンティーノ。そのファインセーブは当時大きな話題を呼んだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 2019年1月21日、クリスチアーノ・ロナウドはユベントスに移籍してから初めてPKを失敗した。ポルトガルのスターにイタリアで唯一となる屈辱を味わわせたのは、当時キエーボでプレーしていた守護神ステーファノ・ソッレンティーノだ。

 3月28日、セリエAで363試合に出場した大ベテランが、イタリア衛星放送『Sky Sport』のインタビューで当時を回想。「試合後にユニホームを交換することでC・ロナウドとは合意していたんだ。でも、PK失敗で彼はかなり怒っていた」と話している。

「彼は最高級のカンピオーネだ。負けることを望まない(※試合はユベントスが勝利している)。あれは彼にとってイタリアで初めてのPK失敗だったんだ」

 ソッレンティーノによれば、C・ロナウドは賛辞を寄せつつも、ユニホームを交換することがなかったという。怒りで忘れていたのかもしれない。41歳の大ベテランは、「ロッカールームに続くトンネルで、友人のパウロ・ディバラと話していたんだ」と続けた。

「通りすがりに、C・ロナウドはわたしに手を差し出し、褒めてくれた。ただ、顔つきは暗かったね。ユニホームもくれなかった。結果的には、ディバラのユニホームをもらったからよかったけどね」

 C・ロナウドとユニホームを交換する機会は限られている。2018-19シーズン後に一線を退いたソッレンティーノに、もうそのチャンスは訪れない。だが、サッカー界の歴史をつくった男とのPK勝負を制したエピソードは、彼のキャリアにおける勲章と言えるだろう。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ