「驚いた」「連帯と共感のシグナル」ユベントスが110億円超のサラリー削減で選手と合意!C・ロナウドら主力が率先

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月29日

昨季のCL王者リバプールと比較すると…

ともに35歳のC・ロナウドとキエッリーニ(手前)など、ユベントスは高齢化が進んでいる。(C)Getty Images

画像を見る

 3月28日、新型コロナウイルスの危機にあるイタリアのサッカー界でひとつの大きな動きがあった。

 王者ユベントスが、マウリツィオ・サッリ監督やトップチームの選手たちと、今シーズンのサラリーについて、3月から6月分までカットすることで合意に達したことを発表した。合計で9000万ユーロ(約112億5000万円)の支出削減につながる。

 公式声明によると、シーズンが再開された場合は、クラブが「誠実に」交渉するとのこと。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、実質的なサラリーカットは1.5か月分で、残りの2.5か月分は来シーズンに支払われると報じている。6月の今シーズンの決算への影響を考慮しての対応だ。

 とはいえ、少なくともいったんは選手たちと指揮官が大金を受け取らないことに合意したことになる。報道によれば、主将ジョルジョ・キエッリーニを筆頭に、ジャンルイジ・ブッフォンやレオナルド・ボヌッチ、クリスチアーノ・ロナウドといった主力の姿勢が大きかったようだ。
 
 衛星放送『Sky Sport』によると、経済紙『Il Sole 24 Ore』のマルコ・ベッリナッツォ記者は「“コロナ後”の今後のサッカーにおけるマイルストーンとなる合意」と表現している。

「なぜなら、クラブと選手たちの利益はしばしば相反し、エゴが見られることもあるが、それが連帯したということを表わすからだ。この危機で経済的に大きな損失を出す恐れのあるイタリア・サッカー界が困難にあるとの共通要素なんだ」

「選手たちにとって、この動きはクラブや国、サポーターに向けての連帯と共感のシグナルだ。わたしは少しこの合意に驚いた。サッカー以上に国へのシグナルを送りたいという選手、テクニカルスタッフ、クラブの共通の意欲だ」

 国内最大のクラブで選手がサラリーカットに合意したことで、他クラブへの影響も考えられる。セリエAで今後もこれに続く動きがあるか注目だ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ