「決定打になった…」ルカクの代理人がインテル電撃移籍の舞台裏を激白! ユーベ行き破談の原因はディバラ?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月24日

「愛」を求めていたルカク

ルカクの移籍の交渉材料となっていたディバラは移籍を拒否。ユーベとマンUの交渉は決裂した。 (C) Getty Images

画像を見る

 昨夏の移籍市場で大きな話題となったのが、ベルギー代表の主砲ロメル・ルカクのインテル移籍だ。

 当時マンチェスター・ユナイテッドに所属していたルカクは、一時、ユベントス入りが濃厚と報じられていたが、最終的にインテルへ移籍した。このユーベ移籍の可能性については、ルカク自身が元イングランド代表FWイアン・ライトの「You Tube」番組内で、「俺はかなりユーベに近づいていた」と認めている。

 では、なぜルカクはネッラズーリ(青と黒の意。インテルの愛称)の一員となったのか? 移籍交渉の舞台裏を、代理人であるフェデリコ・パストレッロ氏が伊衛星放送『Sky Italia』で告白している。

 まず、パストレッロ氏は何よりもルカクはユナイテッドを離れることを望んでいたと強調した。

「ロメルはプレミアリーグから離れることを希望していた。彼は、何よりも愛を感じたがっていた。それで違いを生みだせるからね。そして、ユベントスのサポーターよりもインテルのファンのほうに温かさを感じていたようだ」

 そのうえで、ユーベとユナイテッドとの交渉が破談した決定的な理由として、トレード要員となったパウロ・ディバラの存在を口にした。
 
「最終的に、ディバラとマンチェスター・ユナイテッドとの間で話し合いが失敗に終わったことが、ルカクのインテル行きの決定打となったのは間違いない。

 これは私にとってもキャリア最大の移籍だったと思う。ルカクが他の場所へ行きたがっていることを、ユナイテッドに認めさせなければならなかったからね。チャン会長とコンテ監督も、この移籍に必要な最低ラインのオファーまで条件を引き上げることで、重要な一歩を踏み出してくれた」

 インテルに移籍してから、ルカクは好調を維持。初挑戦のセリエAで、25試合に出場して17ゴール・2アシストと大車輪の活躍を見せている。

 もしユーベに加入していたら、クリスチアーノ・ロナウドとゴンサロ・イグアインというゴールゲッターがいるなかで、これほど成功できていたかは分からない。結果的に、インテルに移籍したこと奏功したと言えるだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ