【横浜】モンバエルツ新監督の就任記者会見「守備の効率性は保ちながら、攻撃面を改善し、ゲームを支配したい」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2015年01月18日

「まず選手に自信を持たせること」

会見に臨むモンバエルツ新監督。カンヌ時代には若き日のジダンを指導したことも。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 横浜F・マリノスは1月18日、新体制発表会を終えた後、エリク・モンバエルツ新監督の就任記者会見を行なった。
 
 母国ではアンダー世代の指導に深く関わるなど、若手の育成に定評のあるフランス人指揮官は、横浜からオファーを受け、就任を決意した理由について「挑戦をしたいという想いが一番強くありました。自分のプロとしての経験をより豊かにできる挑戦だと、そういう風に考えました」という。
 
 今季の新加入選手はレンタル復帰組を除けばルーキーが3人だが、若い世代のレベルアップに関して「インターナショナルのレベルで必要なことは理解しているつもりです。若い選手にはメンタル、戦術、テクニカル、フィジカル、すべての面で、なにをすべきかを伝えていきたい」と抱負を語った。
 
 また、現チームが抱える得点力不足を解消させるアプローチとしては、昨季の横浜の戦いぶりを分析したうえで、「チームの強みは持ち続けながら、攻撃面の改善をしていかなければなりません。やり方としては、いろいろな要素が必要となってきますが、まず選手に自信を持たせること」が大前提となり、それから具体的なトレーニングメソッドを実践していくつもりだ。
 
 Jリーグの印象については「多くのゲームを観ました。全体の力は拮抗している」と感じており、そうしたなかで「守備の効率性は保ちながら、攻撃面を改善し、ゲームを支配していきたい」と意気込みを見せた。
 
 なお、会見にはモンバエルツ新監督のほか、嘉悦朗代表取締役社長、下條佳明チーム統括本部長も同席したが、外国籍選手枠がひとつ残っている現状を踏まえ、嘉悦社長に今後、新たな補強の動きがあるか尋ねると「枠はあえてひとつ、残してあります」とのこと。その意図は「まずは監督自身に全選手を見てもらって、戦術を浸透させながら、足りないポストがあり、そこに外国人枠が必要であれば、それを埋める、と。その可能性は残しておくということです」。
 
 1月19日からチームは始動する。新監督はいかなる手腕で「3大タイトルへの挑戦」を目標に掲げる横浜を高みへと導いていくか楽しみだ。

【Jリーグ新体制】J1・J2全40クラブをチェック!

監督就任に際し、日産自動車よりサポートカーとして車両を贈呈された。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

【関連記事】
【横浜】ルーキー3人と新監督が決意表明。横浜が新体制発表会を開催
【仙台】キーワードは“挽回”と“献身”。新たな力を手に躍進を誓う
【名古屋】補強は3人も、西野監督は「人数よりもクオリティ」と手応え
【山形】4年ぶりのJ1に挑む。合言葉は昨季と同じ「山形総力戦」
【柏】吉田新監督が所信表明「必ず良い仕事をする」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ