「サンチョ争奪戦」がプレミア勢&バイエルンで激化! 現時点で有利な立場なのは…

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年03月19日

チェルシーのトップターゲットに。

今夏は争奪戦が過熱しそうなサンチョ。(C)Getty Images

画像を見る

 イングランド代表FWのジェイドン・サンチョはドルトムントにとって、今夏の「目玉商品」になるだろう。
 
 チェルシー、マンチェスター勢、リバプールなどプレミアリーグのトップクラブ、さらにバイエルンが獲得を強く望んでおり、争奪戦が盛り上がることは間違いない。
 
 その中で、現時点で有利な立場にいるのは、19年夏にクリスティアン・プリシッチを購入するなどドルトムントとの間に良好な関係を築いているチェルシー。すでにアヤックスからハキム・ジイェフの獲得を決めた通り、今夏は積極的な投資でチームを大きく刷新する意向を打ち出しており、サンチョはそのトップターゲットだ。
 
 ドルトムントの前に1年だけ在籍したマンチェスター・Cの獲得リストにも入っているが、FFP違反によるCL出場権剥奪問題がどうなるかによって、今夏の強化戦略がまったく変わってくるため、今は動きようがない状況だ。
 
 むしろマンチェスター・Uやバイエルンのほうが有利だろう。とくにバイエルンは、ブンデスリーガ内での選手獲得競争では常に大きなアドバンテージを持っているため、チェルシーなどを出し抜く可能性はある。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
※『ワールドサッカーダイジェスト』2020年3月19日号より転載
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、「移籍マーケットの専門記者」という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にジョゼップ・グアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ