「でかい!」板倉滉がオランダで元K-1王者シュルトとボクシング! ”驚愕の身長差”ツーショットを投稿

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月15日

トレーニングでボクシングに挑戦したことを報告

レジェンドとの思わぬ出会いに興奮を隠せない様子だった板倉。 (C) Getty Images

画像を見る

 オランダ1部エールディビジのフローニンヘンに所属している板倉滉が、トレーニング中に思わぬ人物と出会ったことを報告している。

 3月12日、オランダ・サッカー連盟(KNVB)は、新型コロナウイルスの影響で3月いっぱいのリーグ戦を中止を発表。各クラブはチーム単位でのトレーニングを中止するなど、対策に追われている。

 そんななか、板倉は自主トレに励んでいるようだ。自身のインスタグラムを更新し、ある写真を投稿した。

「トレーニングの一環としてボクシングをやりました。教えてくれたのはこの方!K-1で活躍したセームシュルトさんです!でかい‼︎ ちなみに僕の身長は187cm!」(原文ママ)

 セミー・シュルト(当時はセーム・シュルト)氏はオランダ出身の元K-1チャンピオン。四度の世界チャンピオンに輝き、”史上最凶”の王者とも呼ばれるレジェンドだ。212センチの長身から繰り出されるパンチで相手をなぎ倒し、ピーター・アーツ、アーネスト・ホーストら世界チャンプクラスにも勝利し、当時は史上最強とも呼ばれていた。しかし、2013年に心臓病を患ったことから現役を引退している。

 板倉とレジェンドの邂逅に興奮したのは本人だけではない。同僚のモハメド・エル・ハンクリは目を輝かせる絵文字を残し、日本代表GKの権田修一(ポルティモネンセ)は「めちゃ羨ましいんだけど!!!」と反応。板倉はこれに「パンチ受けました(笑)」と返答している。

 ほかにも、川崎フロンターレで通訳を務める金明豪氏が「それはやばい。世代」とコメントし、レノファ山口に所属する武岡優斗は「それはずるい……」と羨ましがっている。

 また、ファンも驚きを隠せない。

「(板倉が)170センチくらいに見える笑」
「滉くんがめっちゃ遠くにいるわけじゃいよね?!セームシュルトさん半端ねー!!」
「何メートルあるん」
「彼のパンチはどうだった?」

 オランダでの思わぬ出会いは、板倉にとって良い刺激になったことだろう。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ