「北朝鮮だとは知らなかった」「勝手に新監督を…」ミラン解任のボバンが怒り心頭!

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年03月09日

今度は一般紙で怒りをぶちまける。

ミランを解任されたボバン。(C)Getty Images

画像を見る

 ズボニミール・ボバンが怒り心頭だ。
 
 この元クロアチア代表MFは現地時間3月7日、ミランのフットボールチーフオフィサーの座をわずか9か月で追われた。その原因は、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙で、イバン・ガジディスCEOやオーナーの投資ファンド『エリオット』との不仲を暴露したからだった。
 
 これにより、かねてから噂されていた通り、ミラン内部がガジディスCEO&エリオットとボバン&パオロ・マルディーニTDで対立していることが明るみに。これを重大な違反だと受け取ったミランは、ボバンを事実上解任した。
 
 その一方的な解任の流れに納得がいかないボバンは、一般紙『イル・ジョルナーレ』で、今度はこうぶちまけた。
 
「私の(ガゼッタ紙での)インタビューは、法的に何も問題はなかったはずだ。我々の存在が無視された内部の問題を明確化するために答えただけだ。我々が北朝鮮にいたなんて知らなかったよ。彼ら(ガジディスCEOとエリオット)は我々に相談せずに勝手に、ラングニックと12月に(来シーズンからの)新監督就任で合意してしまった。ラングニックにはベストを尽くしてもらいたいが、彼らは我々に相談するべきだった」
 
 この発言を受けたラルフ・ラングニック(レッドブル・グループの統括責任者)は、即座に「12月にミランと合意なんかしていない」と否定したが、クラブとチームを大きく揺るがす発言だったのは間違いない。
 
 経営部門のガジディスCEOが、スポーツ部門のボバン&マルディーニを無視して新監督選定に動いたのであれば大きな越権行為だ。その一方で、その事実をメディアにぶちまけたボバンも大人げないと言わざるとえない。
 
 とりあえず留任しているマルディーニの去就も不透明なミラン。フロントのお家騒動はいつまで続くのだろうか……。
 
構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ