「かけがえのない存在だ」岡崎慎司の直近公式戦5戦4発目となる豪快ヘッド弾を地元紙&ファンが絶賛

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月08日

万雷の拍手を受ける大活躍!

またもダイビングヘッドで豪快な一撃を決めた岡崎に賛辞が相次いでいる。 (C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 またしてもサムライ戦士から豪快弾が飛び出した。

 現地時間3月7日、ラ・リーガ2部の第31節が行なわれ、ウエスカはホームでフエンラブラダと対戦して2-0で勝利した。

 この試合で、ウエスカに貴重な追加点をもたらしたのが、岡崎慎司だ。4‐1‐4-1の1トップで先発起用されたベテランFWは、序盤から積極的なプレーで攻撃陣を牽引すると、1点をリードした19分に見せ場を作り出す。

 ダニ・ラバが蹴った左からのCKがニアサイドで相手DFに当たってファーサイドに流れると、このルーズボールを得意のダイビングヘッドでねじ込んだのだ。

 2点をもぎ取った前節のエストレマドゥーラ戦に続く豪快なヘディングショットを決めた岡崎。このシーズン8点目となるゴラッソは直近の公式戦5試合で4得点目、それも全て頭で決めているところが、なんとも彼らしい。
 
 得点シーン以外にも前線からのフォアチェックやポストプレーなど献身的に働き、85分に交代してベンチに下がる際には万雷の拍手を受けた岡崎。その出色のパフォーマンスに、現地スペイン紙は賛辞を贈っている。

 地元紙『El Periodicode Aragon』が「オカザキの怒りと遊び心に満ちた一撃だ。フエンラブラダの面々ですらも感動している」と綴れば、同じく『AS』紙も「この日本人FWの今シーズン最大のゴラッソだ。コーナーキックからエリアで自由となってダイビングヘッドでフィニッシュした」と絶賛した。

 もちろん、ウエスカのサポーターも大興奮だ。岡崎の2戦連続弾に、クラブの公式SNSには、「オカがまた頭だ!」、「岡崎の笑顔が狂気に思えてきた」、「日本人がまたやった。彼はミチェル監督にとってかけがえのない貴重な存在だ」といった称賛の声が集まった。

 この勝利でウエスカは暫定ながら3位に浮上し、自動昇格圏内の2位サラゴサに2ポイント差に迫った。次節の対戦相手は、岡崎にとっては“古巣”でもあるマラガ。絶好調のサムライ戦士のパフォーマンスから目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ