「情熱をもってやれ。そうじゃないなら…」ミラン内紛で去就不透明なイブラが意味深投稿。その真意は?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月07日

上層部の内紛に対するものか? それとも――

自身のSNSに意味深な投稿をしたイブラヒモビッチ。その内容が物議を醸している。 (C) Getty Images

画像を見る

 今年1月に加入し、低迷していたミランを復活させたズラタン・イブラヒモビッチの契約延長は確実かと思われていた。だが、上層部の対立から、今シーズンいっぱいで契約満了となる去就は、不透明となっている。

 クラブOBのパオロ・マルディーニとともに、「チーフフットボールオフィサー」の肩書でテクニカル部門を率いてきたズボニミール・ボバンは、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』のインタビューで、イバン・ガジディスCEOとの間に溝があることを事実上認めた。

 これを受け、地元メディアは、ボバンが近く退任することになったと報道。マルディーニも退団の可能性が騒がれている。それにより、今後のミランはガジディスCEOとその部下たちが主導してチームを編成する見通しだ。

 そのガジディス派が、若手重視路線なのは、若手育成の手腕に定評のあるマルコ・ジャンパオロ(すでに解任されているが……)を招聘した昨夏の動きからも周知のとおりだ。そのため、自身を獲得したボバンとマルディーニがいなくなれば、イブラヒモビッチがミランを去る可能性も少なくない。
 

 また、ガジディス一派は、レッドブル・ライプツィヒのスポーツディレクターを務めているラルフ・ラングニックとコンタクトを取っているとされる。監督交代となれば、10月で39歳になるイブラヒモビッチは構想外になるかもしれない。

 そんななか、現地時間3月5日、イブラヒモビッチは自身のSNSに「情熱をもってやれ。そうじゃないならやるな」との一文を投稿した。これが一体何を言及したものなのかは不明だ。

 イブラヒモビッチはこれまでも謎めいた投稿をし、自身のブランドのプロモーションだったこともある。だが、ボバンやマルディーニとガジディスの内紛が騒がれ、今後が取りざたされているこのタイミングでの投稿だけに、大きな注目を集めたのは言うまでもない。

 もしもイブラヒモビッチがミランを退団する場合、年齢が年齢だけに、現役引退につながる可能性もある。ガジディスとイブラヒモビッチは、どのような決断を下すのか。今後の進展が注目される。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ