【岩本輝雄】ガンバの素晴らしい王者攻略法。そしてヤットの凄みについて

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2020年02月26日

クリアは縦に蹴らず、斜めを狙う

1得点・1アシストの倉田(10番)は、守備面での貢献度も高かった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 リーグ王者マリノスと、大ベテランのヤットを擁するガンバとの開幕ゲームは、2-1でガンバが勝ち切ってみせた。

 見どころのたくさんあったゲームだったけど、なによりも変幻自在のガンバの陣形が素晴らしかった。4-3-3を基本布陣に、状況によって4-4-2になったり、3-4-3っぽくなったり。最終ラインも相手の出方によって3枚、4枚、5枚と変化し、マリノスの攻撃陣にうまく対応していた。

 中盤の攻防でも隙を見せなかった。マリノスのダブルボランチ、扇原と喜田を、井手口と矢島がしっかりと監視。トップ下のマルコスに対しては、遠藤がケアしつつ、流れに応じて井手口もそこに加わって自由にさせなかった。

 マリノスのエース、仲川にほとんど仕事をさせなかった左サイドの守備も固かった。藤春が粘り強く仲川を抑えていたのはもちろん、ひとつ前の倉田がなによりも利いていたと思う。彼が見ていたのは、マリノスの右SBの松原。外だけでなく、中にも入ってきてスルーパスの供給源になるなど、SBながら攻撃を支えるマリノスのキーマンをマーク。松原の好パスに仲川が抜け出す形はマリノスのひとつの攻撃パターンだけど、倉田と藤春のコンビが立ちはだかり、危ない場面を作らせていなかった。

 一方の右サイドでは、オ・ジェソクがマリノスの左ウイング、遠藤をよく止めていたし、両サイドの攻防でもガンバは優位に立っていたはず。攻め込まれる時間帯がなかったわけではないけど、“最後の一線”はなかなか越えさせなかった。

 そして、自陣で奪ったボールは、そのまま縦にクリアするのではなく、狙うのは斜め。マリノスはボールサイドに人が集まる傾向にあるけど、そこを上手く突いてみせた。たとえば、左サイドで奪ったボールを斜めにクリアすると、逆サイドですでに走り出す選手がいて、フリーで受けられる。そういうシーンは多かったよね。

【PHOTO】あなたもどこかに!?横浜×G大阪を盛り上げたサポーター特集!

【遠藤保仁 PHOTO】J1通算出場631試合はGK楢崎正剛に並ぶタイ記録!大記録を勝利で飾る!

【横浜 1-2 G大阪 PHOTO】VARで判定覆り、G大阪が敵地で王者撃破!昨年開幕戦のリベンジを果たす!
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜1-2G大阪|1G1AのアタッカーがMOM。完敗の王者には「4.5」がふたり
「言えるか、言えないかは勇気の問題」指揮官ツネに“システム変更”を進言した、鉄人ヤットの心意気
「マリノスに勝ったのはデカい。でも…」ガンバ10番、倉田秋が痛感したJ1王者との“小さくない差”
なぜガンバはマリノスを撃破できたのか。選手たちが明かした“スペシャル戦術”の全容
【横浜|担当コラム】王者としての真価が問われるシーズン。黒星発進で明確になったこと

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ