【J1採点&寸評】広島3-0鹿島|3発快勝の立役者は広島の新10番!鹿島は高卒ルーキーが孤軍奮闘!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月24日

広島――城福体制3年目の成熟度が見事に発揮された

【警告】広島=なし 鹿島=広瀬(31分)、関川(77分)、町田(84分)
【退場】広島=なし 鹿島=なし
【MAN OF THE MATCH】森島 司(広島)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
広島  7

立ち上がりこそ主導権を握られたが、20分に先制してからは堅守速攻の戦い方にシフトし、危なげなく勝利を手繰り寄せた。城福体制3年目の成熟度が見事なまでに発揮された。

【広島|採点・寸評】
GK
38 大迫敬介 6.5

被シュートは16本だが、そのほとんどは精度が低かった。「GKは攻撃の第一歩」の言葉どおり好フィードで、チーム2点目を創出。

DF
2 野上結貴  6

試合序盤は自身のサイドを使われることが多かったが、致命傷にはならず。74分には強烈なシュートも放った。

23 荒木隼人 6
守備モードの時は“5バック”の中央として最終ラインを統率。的確なカバーリングでピンチの芽を摘んだ。

19 佐々木翔 6
機を見たオーバーラップで相手選手のイエローカードを誘発。新主将を拝命し、チームファーストにますます磨きがかかっている。
MF
44 ハイネル 6

試合終盤になっても攻撃への素早い切り替えや推進力を失わず、ライン際を疾走。相手にとって面倒な存在だった。

8 川辺 駿 7
陰のMVPといっても過言ではないハードワークぶり。2点目に絡んだニアゾーンへのロングランは圧巻だ。

6 青山敏弘 6(86分OUT)
32分、右アウトサイドでボールに回転をかけ、守備ラインの背後のスペースにふわりと落としたパスはまさに職人芸。

18 柏 好文 6(66分OUT)
リードしてからの試合運びに伴い、自身の持ち味である高い位置でのドリブルの機会が減ったこともあって一番手でお役御免。 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ