勝てない鹿島…広島に3発食らいリーグ戦完敗スタートで、今季公式戦早くも3敗目…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月23日

広島が前半立て続けに2ゴール、終了間際に森島がダメ押し

先制点を挙げたドウグラス・ヴィエイラ。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグは2月23日、各地で開幕戦の4試合を開催。エディオンスタジアム広島では、サンフレッチェ広島対鹿島アントラーズの一戦が行なわれ、3-0で広島が勝利を収めた。

 試合は立ち上がりの3分に鹿島にビッグチャンスが訪れる。前線からのプレスを強めボールを奪うと、ファン・アラーノがペナルティエリア付近から強烈なシュート。これはポストに弾かれ、こぼれ球を拾った和泉竜司のシュートもポストを直撃し、ゴールネットを揺らすことができない。

 すると広島もリズムを掴み始めた20分、前線からのハイプレスが機能。レアンドロ・ペレイラが三竿健斗からボールを奪うと、ゴール前のドウグラス・ヴィエイラへ。これをD・ヴィエイラがなんなく押し込んで広島が先制した。

 さらに25分には自陣からカウンターを発動。右サイドを崩し、D・ヴィエイラがグラウンダーのクロスを入れると、これをファーサイドに回り込んだL・ペレイラが押し込み2点目をゲットした。

 後半に入ると、鹿島が反撃に出るが、決め手を欠いて得点を奪い切れない。すると84分、再び敵陣でのボール奪取からカウンターを発動。最後は森島司がしっかりと決め、ダメ押し。広島が3-0とし、このままタイムアップとなった。

 広島がホームで勝点3を掴んだ一方で、鹿島は今季ACLプレーオフのメルボルン・ビクトリー戦、ルヴァンカップ・名古屋戦に続き、これで早くも公式戦3敗目となった。敗れた3試合は、いずれも無得点と得点力不足に悩まされている現状だ。

 次節、広島はアウェーで浦和戦(3/1)、鹿島はホームでの神戸戦(2/28)となる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【広島 3 -0 鹿島 PHOTO】本田望結の声援を受け、広島がホームで躍動!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ