横浜がアウェーでACL初戦白星スタート! 五輪世代・遠藤渓太のゴールなど2発で日韓王者対決を制す!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月12日

後半、全北現代は2人の退場者を出す荒れた展開に

貴重な先制点を決めた遠藤を祝福する横浜の面々。(C)Getty Images

画像を見る

 2月12日、アジア・チャンピオンズ・リーグ(ACL)のグループステージ第1戦、全北現代(韓国)対横浜F・マリノスの一戦が、全州ワールドカップスタジアムで行なわれ、2-1で勝利した横浜が初戦白星スタートを切った。
 
 横浜は、8日に行なわれたゼロックス杯から、新たに徳島から新加入したGK梶川裕嗣、東京五輪世代MF遠藤渓太の2名を加えた布陣に。一方、韓国のリーグ王者・全北現代には、元アビスパ福岡で東京五輪世代のFW邦本宜裕が先発に名を連ねた。
 
 キックオフの笛とともに激しいプレスを掛けてきた相手に対し、横浜はしっかりとパスを回して、落ち着いた対応を見せる。開始5分には、持ち味の縦に速い攻撃から、決定機を迎えるも、GKとの1対1をFWオナイウ阿道が決め切れず。
 
 主導権を握る横浜は33分、スローインを右サイドのDFラインの裏で受けたFW仲川輝人がゴール前に折り返す。そこに走り込んでいた遠藤が左足で合わせて、ゴール右に突き刺した。この試合で初先発となった遠藤が先制弾で起用に応えた。
 
 さらに横浜は、その4分後にもオウンゴールで追加点。左サイドでスルーパスに抜け出した遠藤が、ゴール前の仲川にグラウンダーのクロスを供給すると、スライディングでクリアしようとした相手DFに当たり、そのままゴールネットを揺らした。
 
 その後も仲川がクロスから決定機を作るなど、前線の3トップが躍動。前半は横浜の2点リードで折り返した。
 
 後半もペースは横浜に。59分には、オナイウのクロスに扇原貴宏がゴール前でフリーで、63分には仲川が右サイドから自らドリブルで持ち込みシュートを放つも、相手GKのファインセーブに遭い、追加点には至らない。
 
 69分には、DFホン・ジョンホが2枚目のイエローで退場し、数的優位となり、その後も韓国王者を圧倒。終盤に1失点したものの、アタッキング・フットボールが功を奏し、終始ゲームを支配した横浜が、82分にも退場者を出した韓国王者を2-1で下し、初戦白星発進を決めた。
 
 次戦のグループステージ第2節、横浜は19日にホームで、オーストラリアのシドニーFCと対戦する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ