専用スタ”こけら落とし”マッチは京都が最後に意地のゴールを見せるも、2-3でC大阪に敗れる

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月09日

チケットは前売りの段階で完売。満員のサポーターが訪れた

新スタジアムで京都の初ゴールを記録したのは、10番を背負う庄司悦大だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは2月9日、プレシーズンマッチの2試合を開催した。サンガスタジアム by KYOCERAのこけら落としととなった、京都サンガ対セレッソ大阪の一戦は、2ー3で京都が敗れた。

 ホームの京都は、新戦力のヨルディ・バイス、ピーター・ウタカ、森脇良太、中川風希、飯田貴敬など多くがスタメンを飾る。

 一方のC大阪は、新戦力の豊川雄太らはベンチスタート。水沼宏太の抜けた右サイドには今季新加入の坂元達裕が先発となった。

 雪がちらつくなか、京都府亀岡市に新設されたスタジアムのこけら落としマッチとなった試合は、アウェーのC大阪が先制する。

 12分、右サイドのMF坂元が敵陣でパスを受けると、切り返して左足でゴール方向に巻いたクロスを供給する。するとゴール前の競り合いは誰も触れず、ボールはそのままゴール左サイドのネットを揺らしセレッソが先制に成功する。

 一方ホームの京都も、前線からのプレスでボールを保持する時間を増やすと、FWのウタカがサイドや中央にポジションを流動的にとり、C大阪のディフェンスをかく乱。すると26分、そのウタカが右サイド深くから、庄司悦大とのコンビネーションで中央に侵入。最後はウタカが落としたボールを庄司が右足でGKのニアサイド破り1-1の同点に追いつく。
 
 新スタジアムではピッチを取り囲むように観客席に屋根がついており、サポーターの歓声が他のスタジアムと比べてもひと際大きく聞こえる。

 前売りの段階でチケットが完売するほど、満員のサポーターの後押しも受け、京都が昨季J1で5位だったC大阪と互角の戦いを見せる。

 チャンスを作り出していた京都だったが、C大阪の堅い守備を崩せずにいると、一瞬の隙を突かれ勝ち越しを許してしまう。63分に柿谷曜一朗とブルーノ・メンデスのコンビネーションでディフェンスを崩されると、最後は走り込んできた奥埜博亮に冷静に左足でシュートを決められた。C大阪に1-2と勝ち越されてしまう。

 さらにアディショナルタイムの90+4分、京都は奥埜に代わって83分にピッチに立った都倉賢に、GKのこぼれ球に詰められてC大阪に1-3と突き放されてしまう。ラストワンプレーでピーター・ウタカがゴールを決め、昨季のJ1最少失点だったC大阪から2点を奪う意地を見せたが、試合は2-3でタイムアップ。こけら落としの一戦を勝利で飾ることはできなかった。

 敗れたとはいえ、新スタジアムで上々の試合内容を見せた京都。2月23日に山口の敵地でJリーグ開幕を迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【京都サンガPHOTO】「スゲェ…」「感動!」サポーター大興奮の新スタジアム"こけら落とし"ギャラリー!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ