「練習に行くのが難しかった…」「続けられると思った」トッテナムを離れたイングランド代表SB、モウリーニョに恨み節!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月08日

「他の選手たちのようにチャンスをもらえなかった」

トッテナムに残る意思を示していたというローズ(3番)だが、新監督のモウリーニョからは出番を貰えなかった……。 (C) Getty Images

画像を見る

 今夏に開催されるEURO出場を目指すイングランド代表DFのダニー・ローズは、今冬のマーケットでトッテナムからニューカッスルにレンタル移籍した。

 今シーズン、マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下でプレミアリーグの9試合に先発出場していたローズだが、11月にジョゼ・モウリーニョが就任してからスタメンに名を連ねたのは1試合のみ。出場16試合のうち、モウリーニョ政権になってからの出場は5試合だけだ。

 トッテナムとの契約が2021年6月までのローズは、夏にプレシーズンツアーから外れるなど去就が取りざたされたが残留。その後、契約満了後に移籍する意向を明かしている。

 英公共放送『BBC』によると、ローズは『BBC Radio 5 Live』で、「最終ラインのほかの選手たちのようにチャンスを与えてもらえなかったと感じている」と、不満をのぞかせた。

「僕も彼のためにプレーしたかったよ」

 29歳のサイドバックは、「(監督交代から)1カ月で自分が試合に出ることはないと分かった。そう分かっていて練習に行くのは難しかったよ」と続けている。

「でも、彼や彼がクラブでやっていることに対しては最大の敬意を払っている。チェルシーと勝点12差だったのが、今は4ポイント差だ。正直、自分はプレーし続けられると思っていたけどね」

 ただ、今はニューカッスルでの挑戦に集中しなければいけない。ローズは、「僕はまたサッカーがしたいんだ。夏にはEUROもある。自分をアピールしたい」と意気込んだ。

「ニューカッスルに行き、うまくやれば、それが自分に期待されていることだと考えてもらえるだろう。でも、うまくできなければ、トッテナムが僕を放出したのは正しかったと思われる。自分の能力には自信があるんだ。うまくやれるはずだよ」

 はたして、ローズは新天地でモウリーニョを見返すことができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
プレミアで成長し、サウサンプトンに愛された吉田麻也。英国での7年半を振り返る/前編【現地発】
「いないのはトイレぐらい…」「ウンザリする」モウリーニョ、人気ドキュメント作品の“密着マーク”に不満
「私はバルサに残って欲しい」“愛弟子”メッシの退団騒動にグアルディオラが言及。その真意は?
リオでは“特製ハチマキ”がトレンド商品に!? ブラジル人記者がホンダ・フィーバーを追う【現地発】
「リオは本田圭佑一色!」「その名はアマゾンまで…」ブラジル人記者が語る異様な“ホンダ・フィーバー”【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ