リオ五輪で金メダルのブラジルは予選敗退の危機に…。アルゼンチンは南米一番乗りで東京行きを決める!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月07日

指揮官も感慨深げに…

ウルシ(左)やガイチ(中央)など逸材が揃ったアルゼンチンが東京への切符を掴んだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 若きセレステ・イ・ブランコ(空色と白の意。アルゼンチン代表の愛称)が、世界への切符を掴んだ。

 東京オリンピックの南米予選にあたるCONMEBOLプレオリンピック大会の決勝ラウンド第2節が行なわれ、コロンビアに2-1と競り勝ったアルゼンチンが同大陸では一番乗りで東京行きを決めた。

 ブラジル、コロンビア、ウルグアイとの総当たり戦を行ない、上位2チームに与えられる東京五輪の出場権獲得を目指す決勝ラウンドで、フェルナンド・バティスタ監督が率いるアルゼンチンは躍動した。

 初戦でウルグアイとの打ち合いを3-2で制したアルゼンチンは、難敵コロンビアとの一戦でも相手を凌駕。50分にアグスティン・ウルシのミドルで均衡を破ると、その3分後にネフエン・ペレスが追加点を挙げて、点差を広げる。

 67分に1点を返された2分後にウルシが退場になり、その後はコロンビアの猛追を受けたが、最後は気迫の守りで逃げ切った。

 残り1試合を残しての五輪出場とプレ大会の制覇も決めたバティスタ監督は試合後に、「とても素晴らしい結果だ」と感慨深げに喜びを爆発させた。

「私たちが成し遂げたことは、プロジェクトやここまで取り組んできたことを考えても最高の結果だ。ここにいる23人は信じられないほどのことをやってくれた。ここには役に立たず、プレーをしない人間の魂はない。この成果はアルゼンチン・サッカーのためのものだ」

 アルゼンチンが凱歌をあげた一方で、混沌としているのが、残り一つとなった東京五輪出場権を巡る争いだ。現時点の2位はブラジルだが、後に続くウルグアイ(3位)、コロンビア(4位)との勝点差は「1」しかない。

 現地時間2月9日に行なわれる最終節で、ブラジルの相手となるのは“宿敵”アルゼンチンだ。もしも、ここで引き分け以下に終われば、同日に開催されるウルグアイとコロンビアの結果次第では、リオ五輪で史上初の金メダルを掴んだサッカー王国が、まさかの予選敗退を喫する可能性もある。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ