南野拓実と吉田麻也も高評価! 英メディアがプレミアの“イケメンチーム”ランキングを独自に選定

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月24日

栄えある1位となったのは?

南野の加入でリバプールのハンサム度もアップ? (C) Getty Images

画像を見る

 世界各国のスター戦士たちが集うプレミアリーグで、イケメンを数多く抱えているクラブは一体どこなのか――。英メディア『Planet Football』が独自の見解から導き出した。

 主にプレミアリーグ関連の情報を日夜発信している『Planet Football』は、「スカッドにハンサムたちを最も抱えているクラブはどこだ?」と銘打ち、全20チームをランク付け。サウサンプトンの吉田麻也とリバプールの南野拓実も登場している。

 15位と振るわなかったサウサンプトンについては、「チャーリー・オースティン(現WBA)がいなければ、話にならない」としたうえで、「そしていま、彼らはハンサムなマヤ・ヨシダをチームの構想から外している」と綴った。

 また、9位のリバプールについては、「今シーズン、アドリアンとミナミノを加えるという他クラブよりも“スマート”な補強をした。これは評価できる」と伝え、南野の加入で“イケメン率”が上がったとしている。

 そのほか、6位のチェルシーは「ジルーを失えば評価を台無しにする危険性がある」、13位のマンチェスター・ユナイテッドは「このチームはありとあらゆる点で今やチャンピオンズ・リーグクラスのチームではなくなった」と、ユニークな表現で紹介している。

 ちなみに栄えある1位に選ばれたのはエバートン。そのワケはこうだ。

「全く何言ってるか自分たちでも分からないけど、すみません。アンドレ・ゴメスの目に心を奪われました」

 独断で作成された今回のランキング。女性ファンは納得?

 ハンサムランキングの結果は以下の通り。

20位:バーンリー
19位:ボーンマス
18位:シェフィールド・ユナイテッド
17位:ワトフォード
16位:ブライトン
15位:サウサンプトン
14位:ウェストハム
13位:マンチェスター・ユナイテッド
12位:レスター・シティ
11位:ニューカッスル
10位:ノーリッジ
9位:リバプール
8位:アーセナル
7位:クリスタル・パレス
6位:チェルシー
5位:マンチェスター・シティ
4位:アストン・ビラ
3位:ウォルバーハンプトン
2位:トッテナム
1位:エバートン

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ