【鹿島|新体制】挑戦者としてのリスタート。「華麗なサッカー」でタイトル奪還を期す

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2020年01月23日

〝見せる〞と〝魅せる〞

今季の新戦力は11人。前列左から松村、染野、和泉、永戸、荒木、広瀬。後列左から奈良、杉岡、エヴェラウド、ザーゴ監督、J・アラーノ、山田。写真:滝川敏之

画像を見る

 1月23日、鹿島アントラーズが新体制発表会を行なった。

 冒頭で小泉文明代表取締役社長は、2020年シーズンのスローガンを発表。恒久的なメインスローガンの『Football Dream』は変わらず、今季のテーマは『みせる』に設定。昨季を経て、形になりつつある様々な変化を〝見せる〞こと、ポジティブなフットボールで〝魅せる〞ことを追求していく。

 今季の目標はもちろん、タイトルの獲得だ。無冠に終わった昨季を踏まえて今季は挑戦者としてリスタートを切ることになるが、伝統の勝ちにこだわる姿勢はブレずに、「国内3大タイトル、さらに二度目のACL制覇を一丸となって目指していく」(小泉社長)。

 続いて、ザーゴ新監督ほか、今季の新戦力11人が登壇。新たにチームを率いることになった指揮官は、「タイトルの数を増やしたい」と意気込みを口にする。そのためには、ポゼッション重視の「良いサッカー、華麗なサッカー」で勝利を掴みにいく所存だ。

 また、注目の新戦力のひとり、川崎フロンターレから獲得したCB奈良竜樹は「このクラブの伝統に恥じないよう、しっかりタイトルを獲ることと、選手として成長して、中心選手になれるように頑張りたい」と言葉に力をこめた。

 28日にはメルボルン・ビクトリーとのACLプレーオフが控える。今季最初の公式戦で確実に勝利を収めて、良いスタートを切りたい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ