「デ・ヘアに甘すぎだ」「どうして…」リバプールのゴラッソを取り消したVAR判定に元マンUのキーンも嘆き

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月20日

リバプールのレジェンドも苦言

ファン・ダイクとの接触でボールをこぼしたデ・ヘア。そのプレーがファインゴールを取り消すことに……。 (C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグの大一番で起きたVARを巡るジャッジが物議を醸している。

 現地時間1月19日に開催されたプレミアリーグ第23節、本拠地アンフィールドで5位マンチェスター・ユナイテッドを迎え撃った首位リバプールは、フィルジル・ファン・ダイクとモハメド・サラーのゴールで2-0と完勝した。

 戦前の予想通りに主導権を握ったリバプールが盤石の内容で勝利を手にした一戦で、その結果以上に話題を呼んでいるのが、前半に起きたVAR判定だ。

 1-0で迎えた20分過ぎだった。ロベルト・フィルミーノが鮮やかなシュートを突き刺したかに思えたのだが、直前にファン・ダイクが、相手GKのダビド・デ・ヘアと接触していたとして、ユナイテッド側が猛抗議。結局、VAR検証の末に取り消しとなったのである。
 識者たちもこの判定に懐疑的な声を上げている。現地で試合を中継していた英衛星放送『Sky Sports』で、ゲスト解説を務めていた元ユナイテッドのロイ・キーンは、「間違いなく大きなターニングポイントになった」としたうえで、こう続けた。

「どうして取り消されたのか私にはわからない。まったく理解できない。デ・ヘアに対して甘すぎる判定だ。フットボールは狂ってしまった。ファン・ダイクはゴールキーパーを一瞬たりとも見ていないし、ボールだけを見ていた。あれはファウルにはならない。VARは完璧なシステムかもしれないが、あの場面でファウルを取ったのは、ヒューマンエラーであり、(審判団は)自分たちが何をすべきかすらわかっていない。笑ってしまうよ」

 キーンに同調するように、同じく解説を務めた元リバプールのキャラガーも、レフェリングに対する皮肉をぶちまけた。

「全く傑作だった。VAR大賞をあげてもいい。ファウルなんかじゃないよ。ソフトな当たりだったし、デ・ヘアはボールをこぼしただけだった」

 今シーズンからプレミアリーグでも導入されたVARだが、判定を巡っては、物議を醸すことが少なくなく、イングランドでは活用法の見直しを求める声が強く上がっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ