「事実上の不正投票だ!」UEFAがC・ロナウドに忖度!? 発表されたベストイレブンの4トップ布陣が物議を醸す

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月16日

C・ロナウドのためにカンテが選外に!?

UEFAのベストイレブンに選出されたC・ロナウドだが、そのノミネートが物議を醸している。 (C) Getty Images

画像を見る

 UEFAは1月15日、ファン得票による2019年のチーム・オブ・ザ・イヤーを発表した。

 チャンピオンズ・リーグ(CL)を制したリバプールからは5選手が選出。マンチェスター・シティのケビン・デ・ブルイネを加えた6選手がプレミアリーグから選ばれた。

 残る5選手のうちの2人は、昨夏に移籍したものの、昨シーズンのCLでベスト4と躍進したアヤックスを支えたマタイス・デリフトとフレンキー・デヨング。そのほか、今シーズンのCLで得点ランク首位に立つロベルト・レバンドフスキをはじめ、リオネル・メッシとクリスチアーノ・ロナウドの“常連”たちだ。

 チーム・オブ・ザ・イヤーは以下のとおり。

【GK】
アリソン(リバプール)

【DF】
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)
マタイス・デリフト(ユベントス)
フィルジル・ファン・ダイク(リバプール)
アンドリュー・ロバートソン(リバプール)

【MF】
フレンキー・デヨング(バルセロナ)
ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・シティ)

【FW】
リオネル・メッシ(バルセロナ)
クリスチアーノ・ロナウド(ユベントス)
ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)
サディオ・マネ(リバプール)

 フォーメーションは4-2-4という変則型なのだが、ここに、裏話がある。英紙『Daily Mail』によれば、このシステムとなったのは、C・ロナウドを「ベストイレブン」入りさせるための手段だったという。

 記事によると、C・ロナウドはメッシ、レバンドフスキ、マネに続くFW部門の4位だったのだが、UEFAの上層部がそれをよしとせず、MF部門の3位だったエヌゴロ・カンテ(チェルシー)を外し、C・ロナウドを含めたメンバーに変えたというのだ。

『Daily Mail』の情報筋は、「これは本当に良くない。事実上の不正投票だ」と話している。一方、UEFAのスポークスマンは、「ファンの投票と、UEFA主催大会における選手の功績を反映して選ばれている」と、C・ロナウドがポルトガル代表主将としてネーションズリーグを制した影響を挙げた。

「結果、CL優勝者が5名、ネーションズリーグのファイナリストが4名となった。フォーメーションは定期的に変わるもので、今年も例外ではない」

 ベストプレーヤーたちの選出には、常に議論が付きまとうが、『Daily Mail』の報道は、その熱をさらに高めそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ