遠征帰りの23時でもジムに!? 元同僚が「この男は普通じゃない!」と明かしたC・ロナウドの驚愕エピソード

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月18日

帰りのバスでC・ロナウドからかけられた言葉は?

ストイックなアスリートとして知られているC・ロナウド。その事実が改めて分かるエピソードが明かされた。 (C) Getty Images

画像を見る

 ユベントスのクリスチアーノ・ロナウドが類まれなプロ意識の高さを持つことは、よく知られている。

 この度、改めてそれを示すエピソードを明かしたのが、現在はカタールのアル・ドゥハイルに所属するメディ・ベナティアだ。今年1月に移籍するまで、ユベントスでC・ロナウドと一緒にプレーしていたモロッコ代表DFだ。

 イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、32歳のモロッコ代表DFは、フランス・メディア『RMC Sport』で、セリエAのアタランタ戦でベルガモに遠征した時の思い出を披露している。ベナティアも、C・ロナウドも、出場しなかった試合だ。

 ベナティアは、「3日後に別の試合があったから、僕らはずっとベンチに座ったままで試合に出なかったんだ。そして帰りのバスで、C・ロナウドから『着いたらどうする?』って言われたんだよ」と話し、さらにこう続けた。

「僕は、『家に帰る』と答えた。23時だからね。すると彼は、『ちょっと練習したくないか? 試合で汗をかかなかったし、トレーニングしないといけない。付き合わないか?』と言ったんだ。僕はただ家に帰り、テレビの前にいたいんだと、それは無理なんだと説明しなきゃいけなかった。
 到着した時、僕らはみんな普通のスーツ姿だった。ところが、彼は短パンにスニーカーだ。そしてジムに行ってしまった。僕は思ったよ。『この男は普通じゃない』ってね」

 さらにベナティアは、「彼の日々の生活に触れると、まずは彼という人、そしてサッカー選手としての彼をリスペクトするようになる。彼はサッカーのために自分の生活を犠牲にしてきたんだ」とも明かした。

「毎日の練習における彼のインテンシティーには驚かされた。チームでやっていたことだけじゃなく、ピッチを出る前の25分間は個別メニューをこなすんだ」

 長年に渡ってトップアスリートに君臨し続ける男のストイックさがうかがえるエピソードだ。だからこそ、彼は34歳になっても驚異的な肉体で世界を驚かせ続けているのだ。やはり、C・ロナウドは「普通じゃない」。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ